BtoBサイトでも必須なGoogleアナリティクスの目標(コンバージョン)設定

Webサイトの運営に、もはや必須のアクセス解析ツールとも言えるGoogleアナリティクス。活用の際には、目標設定を行うことでさまざまなメリットがあります。
今回は、Googleアナリティクスの目標設定についてご紹介します。

Googleアナリティクスの主な解析内容

Googleアナリティクスでは、運営するサイトに関わるさまざまな解析データを確認することが可能です。まずはGoogleアナリティクスの解析機能で具体的にどんなことが把握できるようになるのか、代表的な項目をおさらいしておきましょう。

【1】セッション

アクセス数をカウントする方法の1つで、訪問者がサイトを訪れて離脱するまでを1セッションとします。

【2】ページビュー(PV)

閲覧されたページ数を指します。1人の訪問者が1ページ読み込むと、1ページビュー(1PV)とカウントされます。

【3】ユーザー(UU)

ユニークユーザー(UU)とも呼ばれます。セッションの重複なしでカウントした、純粋な訪問者数を指します。

【4】ページ/セッション

訪問者が1セッション中に閲覧したページ数です。セッションあたりの平均ページビュー数がわかります。同じページを複数回閲覧しても集計されます。

【5】平均セッション時間

訪問者が1セッション中にサイトに滞在した時間の平均滞在時間を指します。

【6】新規セッション率

一定期間内のサイト全体のセッション数のうち、新規で訪問した訪問者の割合を指します。

【7】直帰率

訪問者が最初の1ページを見ただけでサイトから離脱してしまうことを「直帰」といいます。直帰率は、全体のセッション数の中で直帰数が占める割合を指します。

アクセス解析の分析項目について、下記の記事も参考にご覧ください。
「レポーティングはできている?アクセス解析の主要な分析数値6つ」

目標設定が重要視される理由

どんなWebサイトにも運営する目的があります。「目標(コンバージョン)設定」をすることで、その目的がどのくらい達成できているのか、リアルタイムで正確に把握することができます。

目標設定をしなくても、訪問者数やPV数、セッション数などは把握することができます。しかし、効果測定や、それにともなうWebサイトの改善を行うためには、目標設定が必要不可欠と言えるでしょう。

データ解析において最も重視すべきは、目的に対しての効果測定であり、より効果の高い運営をするためには、目標を明確にし、その確かなデータを把握する必要があります。

目標設定することで、セッション数やPV数などのデータから、どのくらいの割合で目標に繋がっているのか、Webサイトの改善すべきウィークポイントはどこか等、Webサイトの課題や問題点を即時分析することが可能となります。

目標設定を行っていない場合、改善点や問題の原因にたどりつくまでに時間がかかり、迅速な改善につなげることができません。よってGoogleアナリティクスを導入する際に、目標設定は必須と言えるでしょう。

設定できる種類の目標タイプ

Google アナリティクスの目標タイプ(値)には以下の4種類が用意されていて、合計で最大20個までの目標を設定することが可能です。

【1】到達ページ

最も一般的な目標タイプです。「到達ページ」で設定することにより、特定のページ(ゴールページ)が表示された回数を目標としている回数に結びつけることができます。

購入完了ページやお問い合わせ完了ページなど、訪問者に対してアクションが完了したことを知らせるページを設けている場合は、こちらの目標タイプを選ぶようにしましょう。

【2】滞在時間

サイトの滞在時間を目標設定にする場合にはこちらのタイプを選択します。
より長くページを閲覧して、じっくりコンテンツを読んでもらいたいオウンドメディアなど、訪問者の滞在時間からWebサイトの成果測定を行いたい場合などにはこちらのタイプを選ぶと便利です。

【3】ページビュー数/スクリーンビュー数

「訪問者1人当たりが平均的に何ページ(PV)見ているのか」を計測したい場合に設定するタイプとなっています。セッションごとの閲覧ページ数からWebサイトの効果測定を行うことが可能です。

平均ページビュー数からWebサイトの成果測定を行いたい場合はもちろん、上記の滞在時間と比較したり、滞在時間とは異なる視点からデータを分析したりしたい場合にこちらのタイプが活用できます。

【4】イベント

ページ閲覧ではない訪問者のアクションを計測したい場合に設定するタイプです。
PDFなどのファイルダウンロード数や、外部リンクのクリック数、動画の再生数などの回数=イベントの回数を目標とする場合に選択します。

サイト上での訪問者の行動を計測することで「どのバナーがクリックされやすいか?」「どのリンクが有効か?」などを分析し、サイト内容の改善につなげることも可能です。

BtoBサイトの目標例

では、BtoB系のWebサイトでは、実際にどのような目標が設定されているのでしょうか?代表的な目標設定の例は以下のようになります。

【1】問い合わせ

目標例:製品や導入について、見積もり依頼、デモ依頼などの問い合わせ件数
設定方法例:問い合わせ完了画面への到達数

【2】資料請求・資料ダウンロード

目標例:カタログやパンフレット、導入事例、分析データ、ホワイトペーパーなどのダウンロード数(ダウンロード申込数)
設定方法例:資料請求完了画面の到達数

【3】会員登録

目標例:会員登録、メールマガジン登録、購入した製品のシリアルナンバー登録件数など
設定方法例:会員登録完了画面の到達数

【4】イベントの申し込み

目標例:展示会、セミナー、勉強会、相談会などの申込件数
設定方法例:申し込み完了画面の到達数

【5】重要ページ

目標例:注力商品掲載ページ、見積りシミュレーションページなどの到達数、PV数、滞在時間
設定方法例:重要ページに関する導線ごとのクリック回数、重要ページ滞在時間

上記の他にも、さまざまな目標設定が考えられます。自社サイトが目指すゴールを見定め、それに合わせた目標を設定するようにしましょう。

おわりに

解析ツールを利用するのが初めての方は、最初使い慣れないかもしれませんが、現在のWebサイト運用では、目標設定は必要不可欠と言えるでしょう。

目標設定をしっかり行うことで「サイトを通じて達成したいことができているか」「訪問された見込み顧客に対して要求しているコンテンツを配信できているか」など、自社サイトの現状も把握できます。
分析力を上げWebサイトの質を向上させるためにも、目標設定は必ず事前に行いましょう。

これからGoogleアナリティクスを活用される方は、下記の記事も参考にご覧ください。
「初心者向け!Googleアナリティクスの使い方と活用すべき機能」
ページの先頭に戻る