初心者向け!Googleアナリティクスの使い方と活用すべき機能

Googleの提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」。その機能性は高く、かつ無料提供されているので、使わない手はありません。
そこで今回は、初心者向けのGoogleアナリティクスの使い方や活用法についてご紹介します。

なぜ使うべきなのか?

企業はどうして自社のWebサイトを運営するのでしょう?それは、自社サイトに多くの訪問者を呼び込み、製品やサービスの売上につなげたいからです。

しかしインターネット上での情報が氾濫する現代、自社のサイトから売上につなげるためには、ただWebサイトを開設して待っているいるだけではなく、自社サイトの現状の把握と改善が不可欠です。
「どのページにどれだけアクセスがあるのか」「訪問者はどのくらいページを見てくれているのか」など、Webサイトの現状、改善するべき問題点をアクセス解析で可視化して分析するしましょう。

そこで注目されるのがGoogleアナリティクスです。

Googleアナリティクスは、Googleアカウントを持っている人であれば、基本的に無料で利用できるアクセス解析ツールです。無料にも関わらず必要なデータは網羅されており、グラフなどの使用で画面も見やすくなっています。

ヘルプセンターや使い方についての動画など、Googleからのサポートも手厚く、またポピュラーで利用者が非常に多いツールなので、使い方等の情報がWeb上に豊富にある点も、初心者が困った時にとても助かります。

Googleアナリティクスの活用で自社サイトのデータを分析し、より売上につながりやすいサイトに向けて改善していきましょう。

始め方

使い始める際はまず、Googleアカウントにログインして、Googleアナリティクスにアクセスします。

最初はトラッキングする対象を設定する画面になるので、指示通りに入力を進めます。トラッキングコードをアクセス解析対象のWebサイトに貼り付けたら、数時間以内に登録したサイトのデータの取得が始まります。

続いて、「目標(コンバージョン)の設定」をしましょう。

お問い合わせや資料のダウンロードなど、そのサイトの目的=来訪者に実行して欲しいことは何かをGoogleアナリティクスに設定するのです。
そうすることで、このサイトがどれだけの成果を上げているのかがすぐにわかり、より効果的にするための改善点も見出しやすくなります。

Googleアナリティクスの目標設定について、下記の記事も参考にご覧ください。
「BtoBサイトでも必須なGoogleアナリティクスの目標(コンバージョン)設定」

基本的な使い方

データが蓄積されてきたら、解析したい期間を設定して、分析したいデータを表示させましょう。基本的な見方の例を下記でご紹介します。

ユーザーサマリー

画面左側にある「レポート」メニューの、「ユーザー」の中の「概要」をクリックしてみましょう。

設定期間の来訪者の数が折れ線グラフで表示され、1カ月あたりや、1日あたりの来訪者数が一目でわかります。またPV数やセッション時間、直帰率等の情報がまとまっているので、サイト全体の把握に役立ちます。

集客サマリー

画面左側にある「レポート」メニューの、「集客」の中の「概要」をクリックしてみましょう。

「チャネル」とは、どの経路を通って自社サイトに来訪したかという流入元を指します。流入セッションの多いチャネル順に一覧が作成され、どの流入元が最もコンバージョンにつながっているか、反対に直帰率が高いかなどを分析することができ、集客施策やそれに伴うサイト改善の判断材料にすることができます。

ランディングページ

画面左側にある「レポート」メニューの、「行動」の中の、「サイト コンテンツ」の「ランディングページ」をクリックしてみましょう。

ランディングページとは来訪者が最初にたどり着いたページのことで、集客と併せてチェックしたい項目です。どのページに最初に訪れる訪問者が多いのか、また直帰率やコンバージョン率といったランディングページ毎の訪問者の傾向がわかるので、ランディングページの内容の改善や、コンバージョンへの導線の改善に役立ちます。

コンバージョン

画面左側にある「レポート」メニューの、「コンバージョン」の中の、「目標」の「概要」をクリックしてみましょう。

コンバージョンの総数、設定の異なるそれぞれのコンバージョン数、コンバージョンに至る確率、どこからの流入が何件コンバージョンに繋がっているか等、サイト全体の状況が把握できます。

また、画面左側にある「レポート」メニューの、「コンバージョン」の中の、「目標」の「目標パスの解析」をクリックしてみましょう。

訪問者がコンバージョンに至るまでに、どのページを経由してきたのかがわかるので、たどり着いてほしいページにいかに効率的に誘導していくかの分析に大いに役立ちます。

もちろんこの他にも見られるデータや分析方法は様々あります。まずご紹介した使い方から、用語と分析方法に徐々に慣れていきましょう。

慣れてきたら、抑えておきたい活用方法

使い慣れてきたら、自分がよく見る項目や分析したい指標で、即座にデータを見られるよう、画面をカスタマイズしてみましょう。

画面左側にある「カスタム」メニューから、「カスタムレポート」をクリックし、「新しいカスタムレポート」からレポートを作成します。
「PV」「セッション数」「直帰率」といった、レポートの横軸となる指標グループと、「参照元」「ランディングページ」といった、レポートの縦軸となるディメンションの詳細設定を行い、最後に保存します。
作成されたレポートは、「カスタムレポート」をクリックすれば、一覧で見ることができます。

また、レポートをさまざまな時間軸で比較検討したい場合には、カスタムレポートの編集中に「レポートタブを追加」することで、月別、日別、曜日別のグラフをタブのワンクリックで切り替えられるようになります。

レポート結果の報告などに役立つのは、メールの送信機能です。「メール」をクリックして、送信頻度や宛先を入力すれば、上司へのレポート報告も自動で定期的に行ってくれます。

おわりに

Googleアナリティクスは無料のWebアクセス解析ツールでありながら、非常に多くの専門的な解析システムを完備しています。初心者には分かりにくい言葉もありますが、自社サイトの改善のためにGoogleアナリティクスを活用してみてはいかがでしょうか。

アクセス解析の活用について、下記の記事も参考にご覧ください。
「レポーティングはできている?アクセス解析の主要な分析数値6つ」
ページの先頭に戻る