コンテンツSEOとは?検索流入を増やす手順と効果測定のコツ

マーケティング全般

Share on LinkedIn
Pocket

コンテンツSEOとは?検索流入を増やす手順と効果測定のコツ

Webマーケティングの手法の一つに「コンテンツマーケティング」と呼ばれるものがあります。

魅力的なWebコンテンツを作成し、ユーザーに見つけてもらう手法です。良質なコンテンツを発信することができれば、多くのユーザーが頻繁にWebサイトを訪問してくれるので、商品やサービスの認知拡大に繋げられます。
結果として、Webマーケティングで売り上げアップを図ることができます。良質なコンテンツは検索エンジンにも上位表示されやすく、SEO対策としても効果的です。

今回は、コンテンツSEOとはどのようなものか、ユーザーの検索流入数を増やす手順や、効果測定のコツなども合わせてご紹介します。

コンテンツSEOとは?

まずSEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、特定のキーワードで検索された際に、検索結果のより上位に自社のWebサイトが表示されるための対策です。

コンテンツSEOとは、ユーザーにとって有益なWebコンテンツを発信・更新することでSEO対策を講じて、検索結果からの流入数を増やしていく取り組みです。

ユーザーにとって有益な情報が、ユーザーと検索エンジンに伝わりやすい適切な形で発信されているコンテンツは、検索エンジンから高い評価を得られます。検索エンジンからの評価が高くなれば、検索結果で上位に表示されるようになり、より多くのユーザーにWebサイトを見てもらえる可能性が高まります。

また、コンテンツが有益だとユーザーに判断されれば、他の人への共有等からリンクが拡散していきます。多くの自然な外部リンクがある点も、検索エンジンの評価に繋がります。

このように、検索エンジンとユーザーの双方に評価されることにより、Webサイトへの流入を増やしていく施策がコンテンツSEOです。

検索流入を増やすためには

検索からの流入を増やすための大前提は、ユーザーにとって有用な情報を提供できるコンテンツであることです。

そのためにはまず、ユーザーのニーズがどこにあるのかをしっかりと確認しなければなりません。
自社の製品やサービスに関連するキーワードの検索数などを収集・分析して、ユーザーはどのような課題を持っているのか、どのような情報を知りたがっているのかを分析してください。そうして得られたキーワードに従って、コンテンツを作成していきましょう。

キーワードに従ったとしても、情報量が少なすぎる、内容が薄い、他のWebサイトからのコピーといったコンテンツでは、あまり効果は期待できないでしょう。上記の分析を元に、どうすればユーザーが求めているコンテンツにマッチして、評価されるのかをしっかり考えて作成しましょう。

実際にコンテンツを発信するときには、検索エンジンに評価されやすい内容にすることも重要です。
タイトルや見出し、画像といった各種タグなどを適切に表記することによって、検索エンジンが理解しやすいコンテンツにすることができます。
また、検索エンジンがコンテンツを評価するポイントは、日々進化しています。最新の評価ポイントをしっかりキャッチして、Webサイトに反映させていきましょう。

検索エンジンは、ユーザーにとって有益と判断できるコンテンツを評価します。検索エンジンが理解しやすいコンテンツとは、結果的にユーザーが理解しやすいコンテンツを作成することに繋がります。

ユーザーにも検索エンジンにとっても理解しやすい、そして有益な情報を持ったコンテンツを作ることが、検索流入を増やすためのコツなのです。

効果測定のコツ

では、コンテンツSEOを実施したことによって、どのくらいの効果が出ているのかを調べるためには、どのようにすればよいのでしょうか。

まずは、施策の目標となる数値を決めることです。
ただし、コンテンツSEOは短期間で成果に結びつきませんので、売り上げやお問い合わせ獲得数のアップといった、Webサイトの最終的な目標数値だけを決めるのではなく、最終目標に至るまでの目標数値を、段階を追って複数設定するのが良いでしょう。

Webサイト上の各ページがどのくらい表示されているかを示す「PV数」や、一定の期間にWebサイトを訪問したユーザー数を示す「UU数」。さらに、Webサイトの滞在時間なども、ユーザーの興味レベルを推し量るには有効な指標です。

コンテンツSEOによって、それらの数値に成果が現れているかどうか、より多くのユーザーに見てもらえるようになっているかを測定しましょう。

その上で、実際にWebサイト経由で獲得した見込み顧客の数や、成約まで至った見込み顧客の率を指標として測定しましょう。

それぞれが目標に対してどのくらい達成できているかを集計し、より成果を高めるためにはどうすれば良いのか、PDCAサイクルを繰り返しましょう。
コンテンツの発信量を増やすべきなのか、内容を変えるべきなのか、Webサイトでのコンテンツからの流れを見直すべきなのか、結果に応じた施策を続けることで、コンテンツSEOの成果も上がってくるはずです。

おわりに

コンテンツSEOはうまく機能すれば、コンテンツの追加・更新→流入数の増加→見込み顧客の増加と、良いサイクルを作ることができます。
決め手となるのは、やはりコンテンツの「質」です。ユーザーのニーズを的確に把握し、問題を解決するような情報を提供したり、魅力的な提案を発信したりすることができれば、多くのユーザーが検索流入してくることでしょう。
更新の頻度も重要ですが、更新だけが目的のつまらないコンテンツになってしまうと、ユーザーは徐々に離れていきます。常に良質なコンテンツを提供できるように模索し続けることが、コンテンツSEOには必要です。

コンテンツマーケティングについて、下記の記事も参考にご覧ください。
「BtoBのWeb集客で重要なコンテンツマーケティングのメリットと、コンテンツ作成方法」
Share on LinkedIn
Pocket

ページの先頭に戻る