EFO(エントリーフォーム最適化)とは?入力フォームの改善方法

マーケティング全般

Share on LinkedIn
Pocket

EFO(エントリーフォーム最適化)とは?入力フォームの改善方法

現在では、多くの企業がWebサイトを持ち、自社商品のプロモーションツールとして利用しています。しかし、Webサイトに入力フォームを設けていても、実際に問い合わせをしてくれるユーザーは限られています。入力フォームまでたどり着いても、途中で離脱してしまうユーザーも少なくありません。

そのため、ユーザーの問い合わせ数を増やすために欠かせない施策の一つとして、EFO(エントリーフォーム最適化)への取り組みが重要視されています。
そこで今回は、EFO(エントリーフォーム最適化)とは何か、入力フォームの改善方法をご紹介します。

EFO(エントリーフォーム最適化)とは?

EFO(Entry Form Optimization)とは、入力フォーム最適化の意味で、ユーザーが手間をかけることなく快適に入力できるよう、入力フォームを改善することです。

自社Webサイトの問い合わせフォームなどを対象に、入力フォームからの離脱を減らして、送信の完了数を増やすことが主な目的です。

入力フォームの改善方法

EFOはコンバージョン数、およびコンバージョン率向上に大きく寄与します。

コンバージョン(conversion)とは、ユーザーの会員登録やセミナー参加の申し込み、ホワイトペーパーのダウンロードなど、そのWebサイトの目的に対する成果を指します。「コンバージョン率(Conversion Rate:CVR)」は、ユーザーがコンバージョンに至る割合を、コンバージョン数をアクセス数で割って算出したものです。

Webデザインに力を入れていても、十分なEFO施策が行われていないBtoB向けのWebサイトも多く、大半の訪問者が入力フォームから離脱している可能性も高いでしょう。
では、どのような改善方法があるのでしょうか。

【方法1】入力負担の軽減

入力フォームを設計する際は、ユーザーの入力負担をできる限り減らすことを意識しましょう。入力しなければならない項目が多いほど、ユーザーは煩わしいと感じます。入力フォームに不必要な入力項目がないか確認してみましょう。

項目数を減らす他に、必須入力項目を強調する方法もあります。氏名や会社名、連絡先、問い合わせ内容などの必須の項目はわかりやすく強調し、申込者の部署や役職など、有益ではあるがコンタクト自体には支障はないという情報は、任意入力項目とします。

また、項目によっては自動入力の仕組みを取り入れても良いでしょう。郵便番号や氏名の入力時に、住所やふりがなが自動入力されれば、ユーザーの手間を省くことができます。ただし、ユーザーが企業の担当者であれば、会社名から住所を検索できるため、住所の入力項目を設けなくても良いでしょう。

【方法2】画面遷移せずにエラー表示

入力内容にエラーがあったときに、確認画面遷移してから、入力画面に戻って再度入力しなければならないのは、ユーザーにとって大きな負担です。
画面遷移させずに、入力中にエラー表示をすることができれば、ユーザーはすぐに内容を訂正することができるので、負担は少なく済みます。

エラー箇所は赤字で表示するなどして一目で分かるようにすると良いでしょう。エラーがなくなった際も、赤字の色が戻ったり、「OK」と表示されたりするなど、わかりやすく表示できるといいですね。

【方法3】入力フローと進捗状況の表示

ユーザーは問い合わせの手間をかけたくないため、先が見えないまま延々と入力し続けなければならないと感じると、途中で離脱してしまいます。

したがって、問い合わせフローを「ステップ1:入力」「ステップ2:入力内容確認」「ステップ3:完了」のようにいくつかのステップに分けるとともに、現在、自分がどのステップに進んでいるのかをユーザーが把握できるようにすることをおすすめします。
また、入力の所要時間を記載しておいても良いでしょう。

【方法4】余計な動線(サイト内リンク)の排除

通常、Webページでは上部や下部にナビゲーションメニューを設け、各コンテンツページへのリンクを貼っていることが一般的です。

しかし、入力フォームページの余計な動線(サイト内リンク)はマイナスに働きます。入力フォームに余計な動線を残しておくと、せっかくユーザーが入力フォームから問い合わせようとしているにもかかわらず、離脱してしまう可能性があります。

問い合わせに関係のない場所へのリンクは省き、ユーザーが問い合わせに集中できるページ設計にすることを心掛けましょう。

おわりに

今回は、EFOとは何か、入力フォームの改善方法をご紹介しました。
Webサイトをマーケティングの成果につなげるためには、EFOも重要なポイントになります。
手間をかけずに入力フォームを作成することもできるツールもあるので、効果検証も含めて、EFOを考慮した入力フォームを準備したいときは、このようなツールの利用を検討することもおすすめです。
コンバージョン率がどの程度変動したか、本当に改善されているのか、フォーム改善をする前後のデータ推移を確認して、EFOを確実な成果につなげていきましょう。

Share on LinkedIn
Pocket

ページの先頭に戻る