昔効果があった施策は危険?知っておくべき最新のSEO内部・外部対策

企業担当者が商品の購買を検討する場合、まずはインターネットで検索するところから始めます。当然、検索結果に商品が上位表示されることによって、より多くの見込み顧客の目に触れるため、WebマーケティングにおいてSEO対策は重要です。

しかし、昔効果があった施策の中には、今では通用しないものも存在します。そこで今回は、Web担当者の方が知っておくべき、最新のSEO内部・外部対策についてご紹介します。

以前のSEO対策

Googleをはじめとするロボット型検索エンジンは、クローラーを世界中のWebサイトに巡回させて情報を収集し、データベースに登録(インデックス)して、検索順位を決定します。
その検索順位でより上位に表示させるためのSEO対策は、内部対策と外部対策の2つに分けることができます。

まずは、以前に実施されていた施策を一部紹介します。

内部対策

内部対策とは、HTMLタグやキーワード、リンクなどのWebサイトの内部要素を改善し、検索エンジンに評価してもらいやすいWebサイトにする対策のことです。

【1】低品質なコンテンツの大量生産

先に説明したように、検索エンジンはクローラーを巡回させています。クローラーによってインデックスされたページ数のことをインデックス数と呼び、検索エンジンの検索順位決定に影響を与えます。

そこで、ユーザーのニーズを満たさない低品質なコンテンツを大量生産し、インデックス数を稼ごうとした手法です。

【2】メタキーワードを詰め込む

メタキーワードは、クローラーにWebサイトのキーワード情報を伝える目的を持ち、下記のような形式で記述されます。

この例では2つのキーワードしか入れていませんが、カンマで区切って多くのキーワードを入れられるため、たくさんのメタキーワードを詰め込んでいました。

外部対策

外部対策とは、被リンク(外部サイトからのリンク)を集める施策のことです。被リンクの数は、検索エンジンがWebサイトの信頼性を測る際の1つの指標であるため、これを増やそうという考え方です。

【1】リンクファーム

自分自身、もしくは協力者のサイト同士等で、相互に大量のリンクを貼ったWebサイト群を指します。

リンクは通常、他サイトの情報を参照する等の目的から貼られるものなので、一方的になるものですが、リンクファームされている場合、あるサイトからリンクをたどっていくと、結局は元のサイトに戻ってきます。

人の手によって構築される場合もあれば、プログラムによって大量生産される場合もあり、相互にリンクし合うサイトの数が多ければ多いほど、被リンクを集めることができます。

【2】低品質なサテライトサイトの作成

サテライトサイトとは、メインのサイトへのアクセス数増加やSEO効果を目的としたサイトです。

現在でもサテライトサイトは作成されていますが、問題はサイトのクオリティです。つい最近まで、低品質なサテライトサイトを作成し、リンクを貼ることで被リンクを増やすという行為が行われていました。

なぜ、今効果がないのか?

検索順位を決定する検索アルゴリズムは日々進化しており、取るべきSEO対策も変わってきます。

先ほどの対策が今では効果がない、あるいは逆効果であるのは、検索アルゴリズムがコンテンツ重視のアルゴリズムへと更新されたためです。

Googleは、2011年2月に「パンダアップデート」と呼ばれる検索アルゴリズムの変更を実施しました。低品質なサイトの順位は下がり、オリジナリティが高く、ユーザーにとって有益な情報を持ったサイトが評価されるようになりました。

2012年4月には「ペンギンアップデート」が行われ、不自然なリンクを持つサイトに対してペナルティが課されています。さらに、2016年末の医療系情報サイトの問題を受け、日本語検索の品質向上に向けたアルゴリズム改善が、2017年2月に実施されました。

最近のSEO施策

内部施策

【1】キーワードの設置

上位表示させたいキーワードをコンテンツ内に的確に配置する施策です。

キーワードの選定は、Googleキーワードプランナーなどのツールを活用し、自社に関連が高く、検索需要の高いものを選びましょう。

キーワードは、1単語のビッグワードに限らず、ビッグワードの他の複数の単語を掛け合わせたキーワード(ロングテールキーワード)も適宜コンテンツ内に登場する内容にすると良いでしょう。

以前は、検索需要の高いキーワードを過度にコンテンツに設置することで、上位表示を狙う内部施策が行われていました。

しかし現在は、キーワードばかり詰め込み過ぎていて、内容が理解できない不自然なコンテンツは、Googleからペナルティを受けて検索順位を下げられたり検索結果に表示されなかったりするため、注意しましょう。

【2】見出しタグの設定

h1にはタイトル、h2に見出し、h3に小見出しというようにHTMLの見出しタグを設定することで、クローラーにサイトの内容が伝わりやすくなります。

h1タグには重要なキーワードを必ず含めるようにして、基本的に1ページあたり1回の登場にします。

「h1→h3→h2」のように順序が入れ替わっていたり、「h1→h3→h4」のように間を飛ばしてしまうようなことがないように注意しましょう。

【3】URLの正規化

URLの正規化を行うことで、検索エンジンに評価されるべきオリジナルのコンテンツがどれなのかを、クローラーに明示できます。

複数ページで同一内容のコンテンツが存在する(index.htmlあり・なし、wwwあり・なしなど)と、検索エンジンがサイトからの評価は分散してしまうので、正しい検索順位をつけるためには、URLの正規化を行いましょう。

正規化する方法は、canonicalタグの設定、リダイレクトの設定、Google Search Consoleでの設定など様々ですが、自社のWebサイトの状態に合わせた適切な対応をしてください。

【4】xmlサイトマップの作成と送信

WebサイトはGoogleのクローラーに巡回されることで、ホームページの検索結果に登録されます。xmlサイトマップは、クローラーにWebサイト内に存在するページを知らせることができるので、リンクをたどった巡回では行き着けないページも、インデックスに登録してもらえます。

sitemap.xmlを作成して、Google Search Consoleから送信しましょう。
sitemap.xmlファイルを無料で簡単に作成できるツールもあるので、活用しても良いですね。

【5】SSLの導入

SSLとは、データを暗号化して送受信するセキュリティの仕組みです。情報の安全性が守られ、Webサイト訪問者への信頼感も増します。

Googleは、SSLが導入されたサイトをSEOで優遇することを公式発表しています。
SEO対策の一環としてもちろんですが、Webサイトのセキュリティ対策のためにも、SSLの導入は重要と言えるでしょう。

【6】モバイルファーストに対応

スマートフォンなどのモバイルデバイスでの検索が、パソコンでの検索を上回っている傾向から、Googleはパソコンサイトではなく、モバイルサイトのページを検索順位の評価基準にすることを公式発表しています。

そのためSEO対策では、モバイルファーストに対応したサイト制作が重要になります。

モバイルファーストに対応していないと一切検索結果に表示されないということはありませんが、パソコンサイトはモバイルで見ると文字が小さかったり、リンクがクリックしづらかったりというデメリットも多いものです。

ビジネスでもモバイルでの閲覧が増えている中、ユーザーの満足度を高めるためにも未対応の場合は対応を考えてみましょう。

外部施策

不自然なリンクを外部サイトに貼ることは、SEO対策としてはおすすめできません。最悪の場合、検索エンジンによってペナルティを受けて、インデックスを削除される可能性もあります。

サテライトサイトを構築する場合などは、コンテンツの中身がないと検索エンジンからの評価を下げてしまうため、メインとなるサイトとはテーマを変える、よりユーザーにとって価値の高い内容にするなど、コンテンツの質に注意するようにしましょう。

おわりに

今回は、Web担当者の方が知っておくべき、SEO内部・外部対策についてご紹介しました。
検索エンジンで自社サイトを上位表示させるためには、小手先のSEO対策は通用しません。ユーザー目線で質の高いコンテンツを提供し続けることがユーザーと検索エンジンに評価されることにつながります。Googleのウェブマスター向けガイドラインなどを参考にしながら、コンテンツの質を高めていきましょう。

SEO対策について、下記の記事も参考にご覧ください。
「コンテンツSEOとは?検索流入を増やす手順と効果測定のコツ」
ページの先頭に戻る