Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の機能と使い方

マーケティング全般

Share on LinkedIn
Pocket

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の機能と使い方

Webサイトには目的があり、運用の担当者はその目的を達成できるようにWebサイトを分析、改善する役目があります。そのためには、インターネット上で自社のWebサイトがどのように検索されているのか、見つかりやすい状態になっているかなどを知り、問題があればひとつひとつ解決していかなければなりません。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)はそういったWebサイトの管理をするツールとして非常に便利です。そこで今回は、Google Search Consoleとはどのようなツールなのか、機能や使い方も含めてご紹介します。

Google Search Consoleとは?

Google Search Consoleは、Googleが無料で提供しているツールで、Google検索での自社サイトの状態を把握することができます。

検索エンジンであるGoogleは、インターネット上のWebサイトをいろいろな視点で判断しています。
自社WebサイトがGoogleからどのように判断されているかが分かれば、SEO対策における問題点を解決する糸口になるので、サイト運営の方向性を決めたり、ユーザーから需要があるコンテンツを分析したりと、検索での集客に役立ちます。

Googleが提供しているWebサイトの解析ツールに「Googleアナリティクス」がありますが、Google Search ConsoleはGoogleアナリティクスと連動させて利用することもできます。

Google Search Consoleの登録

Google Search Consoleを使い始めるには、まずはGoogleアカウントの取得が必要です。

アカウントログイン後、Google Search Consoleの画面で「プロパティを追加」をクリックして、対象となるWebサイトのURLを追加すれば、登録の準備が完了です。

その後、サイトの所有権を確認する画面が表示されたら、画面の指示に従って作業することで登録が完了します。

Google Search Consoleの主な機能と使い方

インデックス状況の確認

インデックスとは辞書などで見かける索引のことですが、Webでは「検索エンジンに登録されたサイトの情報」を指し、検索エンジンに登録されることを「インデックスされる」と言います。

Googleはインターネット上のWebサイトの情報を集めた上で、サイトをインデックスに登録しています。逆に言えば、インデックスされない場合は、Googleで検索してもそのWebサイトは表示されません。

Google Search Consoleの「Googleインデックス→インデックスステータス」を確認することで、自社のWebサイト内でのインデックスされているページ数(インデックス数)や、ロボットによってブロックされたデータの詳細などを調べることができます。

インデックス数に急激な変動が見られる場合は、サイトの設定に問題があったりサーバーがダウンしていたりする可能性が考えられます。また、インデックス数が異常に多い場合にはハッキングされている可能性もあるため、通知設定などで確認できるように準備しておくと良いでしょう。

クロールの申請

インデックスするためにGoogle側が行う情報収集のことを「クロール」と呼びます。

クロールされることによってWebサイトは評価され、評価が高ければ検索結果の上位に表示されるようになります。クロールはサイトが更新されれば自動的に行われるようになっていますが、世界中のサイトを日々巡回しているため、自分のサイトがいつクロールされるかは分かりません。

新たなページの追加や、ページを更新した際に、できるだけ早く検索結果へ反映させたい場合は、Google Search Consoleの「クロール→Fetch as Google」を使って、対象ページへのクロールを申請しましょう。

検索クエリの抽出

Google Search Consoleを使えば、Webサイトがユーザーからどのような検索クエリ(キーワード)で検索されているのかを調べることができます。

「検索トラフィック→検索アナリティクス」で、クエリごとの表示順位や検索されたページでの表示回数、クリックされる確率なども分かるので、ユーザーからの需要が高い分野の把握や、上位に表示させたいキーワードでの現状分析等に役立ちます。

外部リンクの確認

Google Search Consoleでは、どのページがどれだけリンクされているかなどを知ることができます。「検索トラフィック→サイトへのリンク」の詳細ページで確認できます。

外部リンクとは、他のサイトに貼られた自社サイトへのリンクです。外部リンクが多いとそれだけサイトへの流入数の増加が見込めます。Google Search Consoleでユーザーに人気のあるコンテンツの傾向を把握することで、今後のコンテンツ作成に生かすことが可能です。

またSEO対策の観点からも、良質で自然に獲得できた他サイトからのリンクは、Googleの評価アップに繋がります。逆に、悪質な被リンクはGoogleの評価の低下につながってしまいます。そんなリンクを見つけた際は、Google Search Consoleでそのリンクを否認することもできます。

おわりに

今回は、Google Search Consoleとはどのようなツールなのか、機能や使い方も含めてご紹介しました。
検索エンジンを使っての除法収集が当たり前の現在、Google Search Consoleは今やWebサイト運営には欠かせないツールです。Webサイトの担当者であれば、ぜひとも活用しましょう。無料で提供されているため導入しやすく、初心者から上級者まで幅広く利用することができます。

Share on LinkedIn
Pocket

ページの先頭に戻る