Googleタグマネージャを導入するメリットと活用方法

現在では、Webページにアクセス解析ツールのタグを埋め込み、データを取得してマーケティングに活用しているという企業も少なくありません。
アクセス解析ツール以外にも、さまざまなタグの埋め込みが必要とされる場面は多く、一方でその作業は担当者にとって負担となる場合や、手作業でタグを埋め込む場合は、ヒューマンエラーが発生する場合もあり得ます。

そのようなときに便利な管理ツールがタグマネージャです。そこで今回は、代表的なタグマネージャの一つである、Googleタグマネージャを導入するメリットと活用方法についてご紹介します。

Googleタグマネージャとは

Googleタグマネージャとは、Googleが提供する、複数のタグ(JavaScriptコード)を効率良く管理できるツールのことです。無料で誰でも利用することができます。

アクセス解析のタグや、広告のコンバージョンタグやリマーケティングタグ、ヒートマップやABテストツールを使用するためのタグ等々、次々とページに設置するタグが増える中、タグマネジメントは必要不可欠と言えるでしょう。

Googleタグマネージャを導入するメリット

【メリット1】工数・設定コストの削減

例えば、Googleアナリティクスを使ってデータを取得する場合、データを取得したいページのすべてにタグを入れる必要があります。タグマネージャを使わない場合は、対象となるすべてのページのhtmlを書き換えなければならなくなります。

Googleアナリティクスのタグだけを、一度入れるだけで良ければ問題ないかもしれませんが、そのタグを修正する必要が出てくるかもしれませんし、先述しているように、現在は実に多くの種類のタグを入れる必要が出てきます。
そのたびに対象ページを書き換えていては、Webサイトの規模が大きければ大きいほど、その作業工数は膨大になります。

タグマネージャを使用する場合は、最初にタグマネージャ用の共通タグをページに入れてしまえば、その後は直接htmlを書き換える必要はなくなります。

タグマネージャの管理画面から、どのページに何のタグを入れるのかを設定、管理することができるようになるので、タグの修正をする場合も、複数のタグを入れる場合も、その作業は簡単で、大幅な工数や設定コストの削減に繋がります。

【メリット2】人的ミスの防止

先述したように、タグマネージャを使用しない場合は、htmlを直接書き換える必要があります。入れるタグが多岐にわたるほど、作業対象ページが多いほど、ヒューマンエラーのリスクは高まってしまうでしょう。

しかしタグは一文字書き間違えても正しく動作しなくなりますし、タグが入れられていないページがあっては計測データなども正しくなりません。

Googleタグマネージャを導入することで、HTMLを直接触れずに設定できるため、ページの不具合や設定漏れページの発生リスクを抑えることができるのです。

【メリット3】ページ読み込み速度の高速化

Webページにアクセスしてもすぐに表示されず、ストレスを感じたり、ページの閲覧を諦めてしまったりといった経験はありませんか。Webページにアクセスしてから表示されるまでに時間がかかれば、ユーザーの離脱率は高くなります。

ユーザーの閲覧からさまざまなデータを取得するため、各ページに多数のタグを直接埋め込む場合、タグ管理が煩雑になるだけではなく、Webページの読み込み速度も低下することに注意しなければなりません。

しかし、Googleタグマネージャを利用すれば、複数のタグをまとめた共通タグのみになるため、ページの読み込み速度が改善できます。2秒以内にWebページを表示させることを目安にするのがおすすめです。

【メリット4】他ツールタグのサポート

Googleタグマネージャの特徴として、Googleアナリティクスタグ、AdWordsタグ、DoubleClick Floodlightカウンタタグおよび販売タグ等の、他ツールのタグをサポートしていることが挙げられます。

これによりscriptタグを全て書き込む必要がないため、管理がしやすくなる他、ミスの削減につながります。
特にGoogle関連のサービスを複数導入しているWebサイトでメリットと言えるでしょう。

タグマネージャの活用方法

Googleタグマネージャを使い始める際は、下記の流れで進めます。

1 Googleタグマネージャのアカウントを開設
2 コンテナを設定
3 共通タグを取得し、Webページへ設置
4 設定したいタグを管理画面から設定(①タグを設定 ②トリガーを設定)
5 動作確認をする
6 公開する

コンテナとは、タグを管理するための箱をイメージすると良いでしょう。Webサイトの名前やURLをコンテナ名に設定して、他のコンテナと区別できるようにしてください。基本、1サイトに対して1コンテナで管理すれば問題ありません。

共通タグは、基本的にWebサイト内の全てのページに設定することをお勧めします。

トリガーとは、タグを作動させる条件の事を指します。例えば、共通タグの入っているページ全て、それぞれ閲覧された際や、特定のリンクがクリックされた際、等の設定ができます。

動作確認はプレビューの機能を使うことで、設定した条件で正しく動作しているかが簡単に確認できます。設定した通りに動作していれば、バージョン名をつけて公開しましょう。

これで各タグが動作し始めるようになります。バージョン管理ができるので、もし公開後に問題がおきた場合でも、元のバージョンにすぐに戻すことができます。公開の際は、わかりやすいバージョン名をつけると良いですね。

おわりに

今回は、Googleタグマネージャを導入するメリットと活用例についてご紹介しました。
手作業でタグの管理を行うことは非効率であるだけでなく、ヒューマンミスによる事故の原因となります。
新規サイトはもちろんですが、既存サイトのリニューアルのタイミングや、今後様々なツールを導入してWebサイトの活用を進めるタイミングなどで、Googleタグマネージャの導入を検討されてはいかがでしょうか。

ページの先頭に戻る