レポーティングはできている?アクセス解析の主要な分析数値6つ

マーケティング全般

Share on LinkedIn
Pocket

レポーティングはできている?アクセス解析の主要な分析数値6つ

自社のWebサイトを改良するために、アクセス解析を行っているという担当者も多いのではないでしょうか。無料で気軽に取り入れられるアクセス解析ツールもあり、良質なサイト作りに利用されることが多くなりました。

しかしアクセス解析と聞くと難しそうなイメージを持ち、とっつきにくい方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、アクセス解析に必要な分析数値の中でも、特に主要な6つの項目についてご紹介します。

アクセス解析の目的とは

Webサイトは何かしらの目的があって運営されています。BtoBのマーケティングにおいては、見込み顧客から問い合わせの獲得や、製品の資料をダウンロードしてもらうこと等が目的として多いのではないでしょうか。

こういった来訪者によるWebサイトの目的の達成を、コンバージョンと言います。アクセス解析の目的は、より多くのコンバージョンを得られるWebサイトに改良するために、Webサイトでの来訪者の行動を分析することです。

Webサイトでの行動を分析することにより、自社が想定していた来訪者の行動と、実際の来訪者の行動の相違や、自社のサイトのウイークポイントを知ることができます。
例えば、「アクセス数が極端に少ない」「訪れてもすぐに他のWebサイトへ移ってしまう」などといった問題点を、具体的な数値で明らかにできるのです。

では、アクセス解析を行った結果のレポートでは、どのような項目を見るべきなのでしょうか。アクセス解析レポートで見るべき主要な分析項目6つを簡単に解説してみたいと思います。

【1】PV

PVとは、ページビューのことを指し、Webサイトの中にあるそれぞれのページが、のべ何回閲覧されたかという回数のことです。PVが多い=多くの人が閲覧しているページか、PVが少ない=閲覧される回数が少ないページかの判断に役立ちます。

コンバージョンに至ってもらうために、是非とも来訪者に閲覧してもらいたいページにも関わらずPVが少ない場合は、外部や他のページからの導線、またコンテンツの内容について、見直してみると良いでしょう。

反対に、閲覧が多いにも関わらず、コンバージョンに結びついていないというケースもあります。PVが多いだけで簡単にページの良し悪しを語らず、サイト内のユーザーの行動をしっかりと確認し、改良に繋げましょう。

【2】セッション数

セッション数は、Webサイトに来訪された数を指し、来訪者がサイトの閲覧を始めてから、他のサイトへ移動するまでの行動を1セッションと見なします。

セッション数が多いということは、サイトへの来訪者が多いことです。すなわち、そのサイトの集客力が高いことを示します。

そもそものWebサイト全体のセッション数が少ないようなら、SEO対策やコンテンツの改良、Web広告の出稿、SNSなどでシェアされやすい経路を増やすなど、集客の対策を講じることが求められるでしょう。

【3】ランディングページ

ランディングページとは、サイトへの来訪者が最初に閲覧したページのことを指します。

Webサイトに訪問した際、そのページ、サイトを詳しく見るか、他のサイトへ移るかを、来訪者は3秒で決めると言われています。すぐにサイトを離れられてしまっては、そもそも何の効果にも繋がりませんから、ランディングページは重要な分析数値のひとつです。

ランディングページ毎に、訪れた来訪者がどのくらいコンバージョンに繋がっているかが把握し、Webサイトの設計通りにコンバージョンに繋がっていないようであれば、ランディングページの内容やコンバージョンへの導線を改善しましょう。

【4】回遊率

一度の訪問時に、来訪者がWebサイトにあるページをどの程度閲覧したかを表す指標です。一般的に、PV÷セッション数で算出できます。

回遊率が高いということは、ページを次から次へと読み進めている証になり、来訪者の欲求を満たしている状況がわかるでしょう。ページを閲覧し終わったあと、「もっと読みたい」「もっと知りたい」という、欲求を引き出すようなコンテンツ作りができていれば、自然に回遊率も上がってきます。

回遊率が低ければ、コンテンツの改良はもちろんのこと、ページの最後に関連項目へのリンクを貼ったり、問い合わせへと誘導したりする導線の工夫も必要でしょう。

【5】直帰率

直帰率とは、サイトに訪問したのに1ページしか閲覧せずにサイトを離れてしまった数が全セッションの中で何パーセントだったのかを示したものです。

直帰率が高いということは、閲覧しようとした来訪者に対し、ランディングページがなんらかの理由で期待はずれだったということがわかります。
来訪者が何を求めてWebサイトに訪れるのか、その期待にどう応えれば回遊やコンバージョンに繋がるのかを分析し、改良を進めましょう。

【6】コンバージョン率

コンバージョンが達成された回数を、セッション数や訪問者数で割ったものがコンバージョン率です。Webサイトの管理指標となるほか、広告の費用対効果を見る際にも役立ちます。

来訪者をより高い割合でコンバージョンに繋げることができれば、当然Webサイトの効果は上がります。
前述した指標等を元に改善していくことで、コンバージョン率がどう変化したのかを管理し、Webサイト全体の効果測定をしましょう。

おわりに

今回は、アクセス解析レポートに必要な分析数値の中でも主要な6つについてご紹介しました。
アクセス解析は、自社サイトの改良に役立つ多くの分析数値を提示してくれます。無料のアクセス解析ツールも多く、気軽に始められる環境が整っているので、アクセス解析により分析されたレポートから、より多くのサイトの課題を読み取り、改善に繋げましょう。

アクセス解析のレポーティングについて、下記の記事も参考にご覧ください。
「Webサイトのアクセス解析に欠かせないレポーティング機能」
Share on LinkedIn
Pocket

ページの先頭に戻る