マーケティングオートメーション
(MA)とは

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーション(Marketing Automation 略してMA:エムエー)とは、企業のマーケティング活動を、Webを活用して効率的・効果的に運用することです。その支援をするツールが、マーケティングオートメーションツール(略してMAツール)です。
見込み顧客は一人ひとり興味・関心や消費行動が異なります。顧客それぞれに対して適切なコミュニケーションをとる事がベストですが、それには膨大で煩雑な作業が必要です。マーケティングオートメーションを適切に導入する事で、その作業が自動化され、マーケティング担当者の仕事の効率アップに繋がります。

日本においてもマーケティングオートメーションを今後導入していく企業がますます増えていくと思われます。
これは、見込み顧客の購買のための情報収集の手段がインターネットに置き換わる中で、販売側もインターネット上で顧客とコミュニケーションを取っていく必要性が更に増していくためです。
とはいえ、日本においてマーケティングオートメーションツールを導入し、運用したことがある企業というのは少数で、多くの企業にとっては新規の導入になります。導入前は、マーケティングオートメーションについて十分に理解しておくことが必要です。

マーケティングオートメーションでできること

マーケティングオートメーションでは、マーケティングの各プロセスでの作業の効率化が図れます。

機能1:見込み顧客情報の一元管理

見込み顧客情報を獲得したり、獲得した見込み顧客情報を一元化しておく機能です。

機能2:見込み顧客を育成するためのコミュニケーション

一斉メール配信機能やステップメール機能が搭載されています。

機能3:有望な見込み顧客情報の抽出

見込み顧客毎の有望度合いをスコア化する機能や、有望と思われる見込み顧客情報を通知する機能です。

マーケティングオートメーションの導入効果

導入することで、どんなメリットがもたらされるのでしょう?大きく、下記の3点のメリットがあります。

メリット1:獲得した見込み顧客を「資産」にできる

一度接点を持った見込み顧客情報に、中長期でコミュニケーションをとっていく仕組みづくりができれば、その見込み顧客情報は「資産」になります。

メリット2:今まで受注できなかった案件・商談を獲得できる

今まで営業が見逃していた見込み顧客を案件として取り込み、商談につなげることができるようになります。

メリット3:営業の活動が効率的になる

営業一人あたりの生産性の向上が可能です。活動を効率化しつつ、顧客開拓活動を行っていくことができるようになります。

導入でよくある失敗とその原因

良く耳にするのが、「せっかく導入したマーケティングオートメーションツールの運用ができない」という声ですが、大きく以下の問題が挙げられます。

  1. 問題1:機能が複雑・難解で使いこなせない
  2. 問題2:十分な人的リソースがない
  3. 問題3:設計ができていないままツールを導入している

初歩的なマーケティング施策からスタートし、成功経験を積み重ねて徐々にレベルアップしていくのが、これからマーケティングに注力していく日本の企業には最適と言えるでしょう。

ツール選びのポイント

「運用ができない」等の失敗に陥らないよう、選定のポイントを押さえ、自社にとって適切なツールを選びましょう。

ポイント1:自社のリソースに合っていること

ツールのレベル感に、自社のマーケティング活動のレベル感が合っているかどうかが最大のポイントです。

ポイント2:リスクが低いこと

低いリスクで始め、実践しながら改善を続け、レベルアップしていくことが重要です。

ポイント3:自社と同規模の企業が導入している

自社同様の規模の企業が導入しているかが、自社でも運用できるかを推測する良い指標になります。

リストファインダーについて

BtoB中小企業向けシェアNo.1のマーケティングオートメーションです。導入実績は5年間で国内の企業様700社を超えており、お客様からもご評価をいただいております。

BtoBの、特に中堅以下の企業規模で、はじめてマーケティングオートメーションツールを導入し、マーケティング活動にチャレンジする企業様にとって、最も安心して簡単に使っていただけるツールを目指して、開発・提供しております。
導入初期を中心にお客様のマーケティングをサポートする「活用コンサルタント」と、電話での相談が可能な「カスタマーサポート」によって、はじめてのお客様も安心してマーケティングオートメーションツールの導入をしていただけます。

必要な機能のみを選ぶことができるので、3万円/月~と低価格から始めていただくことが可能です。
用途に合わせて必要な機能を「オプション機能」として追加することができるので、マーケティング活動の幅によって、低リスク低価格から、長期運用していただけるサービス体系となっています。

  • 月額
    3万円~
  • 導入実績
    700
  • 安心
    サポート

マーケティングオートメーションツール比較表

  外資系MAツール
A
日系MAツール
B
リストファインダー
必要なリテラシー・スキル
サポート 外部コンサルによる
(高価格)
活用コンサルタント
カスタマーサポート
価格
機能 高機能・多機能 中程度 シンプル機能
オプションで機能追加が可能
導入実績 多数
※アメリカにて

※国内約300社

※国内700社以上

ページの先頭に戻る