サイト閲覧状況の見える化で
セミナー集客・営業活動を効率化

usecase_econos_1
180

エコノス株式会社様

事業内容
販売促進サービス
従業員規模
10人以上30人未満
使用機能
メール配信、個人解析

東京支社の設立に伴い、より多くの案件が必要なタイミングでリストファインダーを導入。
セミナー集客メールからのサイト閲覧状況を見える化し、営業活動に繋げる体制を構築した。

導入前の課題

東京に支社を設立。より多くの案件が必要に

当社は、Webから営業リストを自動で作成できるソフト「リスタ」の開発・販売をしています。5年目を迎え、導入企業様も1,000社を超えてきました。
これまでは、機能・価格面で明確な競合優位性があり、お客様からのご紹介も多く案件には困らなかったのですが、2015年8月に東京支社を設立したことをきっかけに、これまで以上に営業活動を加速させる必要が出てきました。

提供ソリューション概要

メール配信機能を活用してセミナー集客

営業強化の中で様々な施策に取り組んでいったのですが、その中で現在最も注力をしているのが、東京でのセミナー開催です。
リストファインダーでセミナーの案内メールを送っておりますが、開封率を測るため、htmlメールで配信しています。
メールを開封したユーザーや、メールからサイトを閲覧したユーザーを抽出し、リマインドメールを送ったり、直接営業電話をかけ、セミナー集客に繋げています。

導入の効果

セミナー集客は安定。新規アポ率10%も実現

メール配信だけであれば無料のツールでもできていましたが、無料のツールでは取得できる情報が限られており、メールも送りっぱなしでした。
しかしリストファインダー導入後は、サイト流入後のページ遷移や滞在時間も判明するため、セミナー案内のリマインドやメール効果の分析・検証、さらには営業によるプッシュアプローチができるようになりました。
数字の面でも一定の成果がでていまして、セミナー参加も毎回定員30名に対して8割を超え、満員になることもよくあります。また、サイト来訪者への営業アポイント率も約10%と高く、安定的な案件の創出に寄与しています。
ここまで好調にアポイント獲得ができているのは、サイト閲覧状況がわかるリストファインダーならではの効果でした。

成功のポイント

件名のテストでメール効果を最大化。営業との連携も重要

成功のポイントは大きく3点あります。
1点目はメール配信時の件名のテストです。件名によってメールの開封率は大きく変わるため、「いかに開いてもらうための件名にするか」の試行錯誤をしています。毎回の配信結果を基に次回のテストを考える、ゲーム感覚で様々なテストを行っています。
2点目は営業にも自主的に活用してもらうということです。営業もリストファインダーを見ており、よい見込顧客がいればすぐに電話でアプローチしています。
3点目はリストの量を増やし続けることです。リスト数を増やすことでリストファインダーで判明する個人も増え、良質な案件がでてきやすくなってきていると思います。そこには「リスタ」が役に立ちました。

Before

  1. 東京支社の設立に伴い、より多くの営業案件が必要に
  2. メール配信後の効果検証が不十分
  3. メールを送ったままプッシュアプローチができていなかった

After

  1. セミナー集客は毎回好調、潤沢な営業案件の創出ができた
  2. 様々なテストの結果を用いてメールのブラッシュアップが可能に
  3. サイトの閲覧履歴から、営業がアプローチできる体制の構築が実現

お客様より

200

最初は何から手をつければよいかわからなかったのですが、サポート担当の方に手厚くフォローしていただいていたため、ここまで使えるようになりました。
今後は、サイトの分析機能も含めて、より活用できるようにしたいと思います。

ページの先頭に戻る