堅実な成長から 飛躍のフェーズへ
新たなステージへの種をまく

usecase_gaiax_1
180

株式会社ガイアックス様

事業内容
デジタルコンテンツ制作・レンタル
従業員規模
100人以上200人未満
使用機能
アクセス解析、メール配信

時代の流れと共に安定期を迎えた事業において、小規模で最良の効果を出すための選択としてリストファインダーの導入を決定。
有望なリードの情報を収集し、戦略的に営業に活かす2段階活用で、新たなステージを切り開く。

導入前の課題

安定期を迎えた事業で、新たな顧客ニーズを掴む必要が

「モバリスト」はゲームや占いといったデジタルコンテンツのレンタルサービスを展開しているのですが、時代の流れと共に安定期を迎えていました。
モバリストは特性が伝わりにくい特殊な商材のため、あまり説明ができないWeb広告では顧客に響きにくく、広告配信も一旦ストップしていました。そこで新たな見込み顧客獲得のために、顧客が実際にどんなことを求めているのかを知る必要がありました。

提供ソリューション概要

個人の識別により、顧客の行動を把握

他社MAツールと比較検討して、機能は十分でありながら、手ごろな価格のリストファインダーに将来性を感じ導入しました。それまでGoogleAnalyticsでのアクセス解析をしていたのですが、リストファインダーの導入によって個人の識別ができ、どういった遷移をしいるのかを見られるようになりました。
また、メルマガ配信はテキストメールで作っていたのですが、営業の方にアドバイスをいただき、テキストで作成してから、リストファインダー内でHTMLメール化した結果、開封率もとれるようになっています。

導入の効果

顧客が興味を惹くコンテンツ作成に必要な情報を取集

コンテンツ制作をする中で、「お客様のニーズにダイレクトに伝えれば刺さる!」との確信はあっても、実際に何を求めているのかを判断する材料がありませんでした。リストファインダーの導入によって、メルマガ配信後、どういった遷移をしているのかを人単位で見られるようになりました。これによりニーズを垣間見ることができるようになり、求めている情報の把握が可能になりました。メルマガ配信はクリック率の可視化によってメール本文の改善がおこなえるため、個人判別できる件数をより増加させることに成功しています。さらに、コンテンツ作成に活かすだけでなく、直近で案件のあるお客様が閲覧した興味のあるページがわかるので、営業に伝えてアプローチをしてもらって営業支援にも活かしています。

成功のポイント

優秀な運用担当者と2段階の戦略で大きな結果を生み出す

現在モバリスト内でのツールの運用は、ブログ運営で成果を上げてきた編集長が一人で行っています。メルマガは週に1回配信しブログも定期的に更新しています。PDCAを回していく中で、役立ったのは、リストファインダーによって複数ドメイン間での顧客の遷移も把握可能になり、より詳細な顧客の分析を行えるようになったことです。
年内は準備期間として多くの個人判明数を上げることに注力し、今後は本格的に営業に活かすツールとして大きな飛躍を目指しています。

Before

  1. 十分なデータがなく、顧客が興味を惹くコンテンツが作成できない
  2. これまでのメールマガジンは詳しい配信結果が見られなかった
  3. メルマガやブログを運用するも、営業に直結することは少なかった

After

  1. 個人判明により、多くの情報が収集でき、魅力的なコンテンツ作成が可能に
  2. メールマガジンの配信結果(クリック率など)の見える化ができ、メール本文の改善に役立てている
  3. 個人名と企業名を判別。重要度の高いリードを把握でき営業につながった件も

お客様より

200

当社の想定では、今は種まきや水やりの時期ですが、来年からこの花が開くように戦略を立てています。システムも今後、さらに使い勝手がよくなり、機能性もあがっていくのだろうと期待しています。

ページの先頭に戻る