サイト来訪者の興味関心を可視化
ニーズ顕在化のタイミングを逃さない

usecase_wamnet_1
180

日本ワムネット株式会社様

事業内容
大容量デジタルデータ伝送サービス
従業員規模
10人以上30人未満
使用機能
アクセス解析、メール配信、個人解析

顧客データの正確な把握により、事実に基づいたマーケティング仮説を実行。
アプローチすべきリードの優先順位付けが可能となり、営業精度が向上した。

導入前の課題

サイト来訪者の情報が不足

弊社は1999年の会社設立以来、一貫してデジタルファイルの伝送・保管サービスをコアサービスとして提供を続け、主要製品の「WAM!NET」では出版、印刷、映画等のメディアコンテンツ系企業様を対象に大容量データ伝送サービスを提供しています。
2011年からは日本ではいち早く企業向けオンラインストレージサービスを立ち上げ、その後「GigaCC」のリリースを機にセキュリティを重視する一般企業様へも裾野を拡大し、2013、2014年度のオンラインファイル共有実績においてベンダー別売上金額で2年連続ナンバー1の評価をいただいています。
さらなる売上アップを目的に検討したのがGigaCCのWebサイトのアクセス解析です。どのような業種のお客様が、どのページを閲覧していただいているのかなどの情報が不足していました。

提供ソリューション概要

来訪した見込み客を特定、興味関心や課題を把握

リストファインダーを導入したのは2012年、サイト閲覧企業の課題や興味関心に対し、的確な営業アプローチを展開することが目的でした。他社のアクセス解析ツールでは生の情報を得ることは不可能でしたが、リストファインダーでは、流入元サイトやランディングしたページ、滞在時間などの情報を細かく取得できるようになりました。
サイト内の行動履歴を管理すれば閲覧者の実態を把握することができます。たとえば弊社のお客様がFAQ ページを見ている場合、課題を先回りして把握し営業に活かすなど、目に見えないカスタマーサポートを実現する役割も果たしています。
またマーケティング部門では、イベント来場者へのお礼やWebサイトのコラム更新など、メールマガジンによる情報発信を実施していますが、リストファインダー導入後は、コンテンツ別の反響、流入数や開封率による効果測定が管理できるようになりました。

導入の効果

データ蓄積でマーケティング、新規顧客開拓にも

実際にサイトをご覧いただいている方のデータを分析することで、芽がある業種等も把握することができ、新規顧客開拓の戦略が立てやすくなります。何より「初めまして」と営業電話をかけるより、弊社サイトをご覧いただいている方に対しての営業は温度感が異なり、営業効率が向上しました。そのデータを蓄積し、PDCAサイクルを回すことで、質の高いマーケティング活動や新規顧客開拓が実現しました。メールマガジンはメルマガ読者からの反響が可視化でき、Webサイトのコンテンツ企画立案にも大いに重宝しています。

成功のポイント

現在・過去をシームレスに紐付けする営業活動が実現

以前、営業が商談の場で名刺交換させていただいたお客様には、弊社のニュースメールを配信させていただいていますが、弊社Webサイトにどのくらい来訪いただいているのかも簡単に分かります。現状と過去をシームレスに紐付ける営業活動が可能となりました。
リストファインダーは使い方が簡単なところも大きなポイントでマニュアルを見る必要がありません。イノベーション様では機能追加のアップデートをまめに更新されていることも助かります。きめ細かいサービスも日本ならではのシステムだと実感しています。

Before

  1. Webサイトの来訪者情報がないため、手探りの営業活動を行っていた
  2. 旧アクセス解析ツールでは欲しい情報を得られなかった
  3. メルマガを配信してもコンテンツの反響を知ることは不可能だった

After

  1. マーケティングに注力する“攻め”の営業活動が可能となった
  2. 必要な情報が簡単操作で抽出でき、新規顧客への営業効率化が向上した
  3. メルマガやサイト閲覧者を見える化し、アプローチ精度が向上した

お客様より

200

アンケート機能やフォームの機能など、リストファインダーへの統合も前向きに検討しています。
入力された情報を一元化していくことで、より弊社の業績アップには欠かすことができないツールになると思います。

ページの先頭に戻る