List Finderの機能

アプローチ管理抽出された有望な見込み顧客や
スコアの高い見込み顧客に対して
アプローチを促進するための機能

アプローチ管理機能イメージアイコン

アプローチ結果や接触履歴を残し、活動進捗を管理・促進することができます!

サイトに来訪している顧客をタイミング良く可視化したら、営業によるコミュニケーションを行いましょう。
SFA未導入の企業様の、日々の営業活動や、インサイドセールスチームの活動などもList Finder上に集約可能です。
どんな条件のリストがアプローチ効率がよいのか、お客様へのアポイントが獲得しやすいのかなど、進捗管理や結果のレビューをしていくことが重要です。商談発生までをゴールとして、PDCAサイクルを回していきましょう。

企業解析のみのプランを除く、すべてのプランでご利用いただけます。

List Finderのアプローチ管理機能の仕組みと特長

List Finderのアプローチ管理機能の仕組みと特長
特長1

有望リスト作成だけでなく、その後のアプローチまでを一元管理

営業活動においては、有望な見込み顧客へのアプローチを継続的に行っていくことが重要です。
List Finderでは、様々な切り口からの絞り込みやスコアリングによって、アプローチリストを作成できます。
また併せて、リストごとに活動の進捗や成果を可視化することで、アプローチを促進します。

特長2

過去の接触履歴も合わせて確認できる

営業アプローチだけでなく、他のマーケティング活動も一元で管理・確認することが可能です。
過去にフォームに問い合わせをしてくれた、セミナーに参加してくれたなどの、他のマーケティング施策との紐づきを確認しながら、次のアプローチを行う事ができます。

詳しくは資料をご覧ください。今なら「マーケティングオートメーションツール比較表」付き。
自社にとって最適なツール選びに、ぜひご活用ください。

MAツール比較表付き
資料ダウンロード

ページの先頭に戻る