優先リード通知 営業が優先してアプローチすべき
リードを手間なく共有

今、アプローチすべき見込み顧客を自動で抽出。
マーケティング担当の手間をかけずに、営業に共有

指定した条件に合致した見込み顧客を自動的に抽出して、営業に通知できます。
BtoBのマーケティングの大きな目的は、有望な見込み顧客を営業に共有することです。この機能を使う事で、営業に手間なくリード情報を共有できるようになります。

対象プラン:企業解析のみのプランを除く、すべてのプランでご利用いただけます。

MECHANISM List Finderの優先リード通知の仕組みと特長

List Finderの優先リード通知の仕組みと特長

FEATURES List Finderの優先リード通知の特長

  • FEATURES 1

    担当顧客のサイト来訪をリアルタイムで通知
    営業アプローチのタイミングを逃さない

    各営業に、自分が担当している(担当者に自分が設定されている)見込み顧客がサイトに来訪した場合、ほぼリアルタイムにブラウザのPUSH通知でお知らせすることができます。

    条件を設定して、それを満たす担当見込み顧客がいる場合に、通知をする事もできます。
    条件は、例えば「製品の詳細ページを閲覧した見込み顧客」や「1日に10ページ以上閲覧した見込み顧客」という様に、自由な設定が可能です。

  • FEATURES 2

    ターゲットの条件を設定して、企業単位での通知も可能

    企業についての通知条件を設定して、メールで通知する事も可能です。
    企業の条件については、閲覧ページやページビュー数の指定といったWebサイト閲覧条件に加えて、企業属性での設定も可能です。
    例えば、「東京都に本社のある、通信業の企業が、1日5ページ以上閲覧した場合」といった条件で通知する事で、自社のターゲットとなる企業が、自社に関心を持つ瞬間をキャッチし、新規開拓営業に役立てられます。

    条件設定できる企業属性

    • 本社住所
    • 業種
    • 上場区分
    • 従業員規模
    • 売上規模
    • 資本金
  • FEATURES 3

    条件も通知方法も、2ステップで簡単設定

    見込み顧客の場合も、企業の場合も、通知する条件と、通知先の2つを設定するだけで、優先リード通知の設定は完了です。
    この2つのステップは、同一画面から一連の流れの中で設定できます。

    例えば、「A製品のページを閲覧して、1日に10ページ以上閲覧した見込み顧客を、Bさんのメールアドレスに通知」という場合、「A製品のページを閲覧した」という条件設定を行い、「1日に10PV以上閲覧したら、Bさんのアドレスに送付」という通知設定を行うだけです。

SCREEN List Finderの優先リード通知の画面イメージ

設定したい条件の項目を一覧から選択し、通知する条件を設定するだけで完了です。

メール配信画面
List Finder 運用支援サービス

List Finder 運用支援サービス

「メール配信に必要なコンテンツがない・・・」「運用しながらサイト改善も進めたい」という方もご安心ください。必要なサービスを必要な分だけ受けられる「List Finder 運用支援サービス」をご用意しています。

詳しくは資料をご覧ください。
「マーケティングオートメーションツール比較表」付き。
自社にとって最適なツール選びに、ぜひご活用ください。