リストファインダーの機能

PDF閲覧解析PDFをWEBコンテンツとしてアップ
見込み顧客の閲覧履歴も解析

PDF閲覧解析イメージアイコン

営業資料やサービス資料が、そのままWebコンテンツに!見込み顧客の行動解析も可能

PDFファイルをアップロードするだけで、簡単にWebコンテンツを作成。HTMLを作成・編集しなくても、製品・サービスの紹介資料をWebコンテンツとして利用できます。

HTML同様に、コンテンツ内での閲覧履歴の解析が可能。PDFのどのページを、何秒ずつ閲覧したのか、見込み顧客毎に把握することができます。

リストファインダーのPDF閲覧解析の仕組みと特長

リストファインダーのフォーム作成の仕組みと特長

※PDF閲覧解析機能はオプションです。10,000円/月がリストファインダー費用とは別にかかります。

特長1

PDFのアップロードで簡単にWebコンテンツを作成

リストファインダーから、製品・サービス資料のPDFファイルを取り込むだけで、すぐにWebコンテンツを作成することができます。

自社のWebサイトを編集したり、サイト管理会社に委託する必要もありません。

特長2

「誰が」「PDF内のどのページを」「どのくらい見たのか」がわかる!

アップしたPDFのWebコンテンツをメール配信するなどして、見込み顧客からアクセスがあった場合、どの見込み顧客が、そのPDFのどのページを、何秒閲覧したのか、把握することができます。

例えば、下記のようなお使い方が有効です。

・商談後、サービス資料のPDFページを見込み顧客に送付 
 → よく見ているページ=興味度合いの高いページとしてその後の商談やクロージング活動のヒントにする

・展示会のお礼メールに営業資料のPDFページを添付
 → 閲覧秒数・ページ数の多い見込み顧客を優先的に抽出してアプローチを行う。

リストファインダーのPDF閲覧解析の画面イメージ

PDFのアップロード画面

Webコンテンツとして活用したいPDFファイルを簡単にアップロードできます。

すべて使える無料トライアル

オプションを含む全ての機能を無料でお試しいただけます。
トライアル期間終了後、自動的に有料化することはありません。

  • 全機能完全無料
  • メール送信無制限
  • お電話でのサポート

お申込はこちら

ページの先頭に戻る