List Finderの機能

Salesforce連携「Salesforce」上の
顧客情報をかんたんインポート

外部システム連携イメージアイコン

「Salesforce」に蓄積された見込み顧客情報を、そのままList Finderで活用

SFA/CRM「Salesforce」をご利用中のお客様は、「Salesforce」に登録されているリード・取引先責任者を直接取り込むことが可能です。
CSVファイルのエクスポート・インポート作業などが不要なため、見込み顧客情報の一元管理がかんたんにできます。

プレミアムプランでご利用いただけます。

Salesforce連携の仕組みと特長

List Finderの外部システム連携(Salesforce)の仕組みと特長
特長1

「Salesforce」の見込み顧客情報をかんたん取り込み

Salesforceとのかんたんな連携設定を最初にしておくだけで、以後はいつでも好きなタイミングでリード・取引先責任者の情報を取り込むことができます。

取り込む際には、「所有者」「リードソース」を選ぶだけ。条件に該当するリード/取引先責任者情報を一括インポートできます。

特長2

「リード獲得~リード育成~商談」をスムーズにつなげる

わずか2~3クリックの操作で、見込み顧客リストをSalesforceと同期できます。
SalesforceとList Finderの情報を同期することによって、見込み顧客データの一元化ができます。

Salesforce連携後の、営業・マーケティング活動イメージ
  • ① 獲得した名刺はまずsalesforceに登録
  • ② 購買意欲の高い「今すぐ顧客」以外はList Finderでメールマーケティング
  • ③ サイト来訪状況を見ながら、有望な見込み顧客にアプローチ
  • ④ 商談以降はSalesforceで管理

このような活動をスムーズに行えるようになるため、営業とマーケティングのより強固な連携が可能になります。

20日間の無料トライアルで、ぜひその機能をご体感ください

まずは20日間お試し!
無料トライアル

今なら「マーケティングオートメーションツール比較表」付き

MAツール比較表付き
資料ダウンロード

ページの先頭に戻る