法人向け名刺管理サービス「Sansan」と連携できるようになりました。

2016.08.10 リリース

Sansan株式会社が提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」との連携を実現し、2016年8月9日よりサービスの提供を開始いたします。

SansanからCSVファイルでダウンロードした名刺情報を、List Finderにアップロードすると、Sansan上に登録された名刺情報を簡単にList Finderへ登録することができ、見込み顧客リストの作成から、興味関心の醸成、営業活動への有望リストの引き渡しまでの法人営業のプロセスを効率的に行うことが可能となります。

Sansanをご利用中のお客様は、使い慣れた名刺管理システムを活用しつつ、List Finderでマーケティング活動に取り組むことができるようになります。

本機能は、List Finder、Sansanのそれぞれの利用費用のみでご利用いただけます。

クラウド名刺管理サービス「Sansan」について

「名刺を企業の資産に変える」をコンセプトに、社内に眠る名刺をデジタル化し、人と人のつながりを情報として可視化・シェアできる世界初の法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナやスマホアプリで読み取るだけで、入力オペレーターにより名刺情報が正確にデータ化され、クラウド型アプリケーションを通して組織内で名刺情報を共有できます。さらにその名刺情報を元にしたマーケティングや営業活動、顧客管理といった幅広い活用が可能な機能を備え、効率的に営業力強化を実現。駐日米国大使賞やグッドデザイン賞、ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー等、国内・欧米で数々の賞を受賞し、特許を取得しています。導入企業は4,000社を超え※1、名刺管理サービス市場シェアは約8割で業界No.1※を獲得しています。

※1)2016年1月現在
※2)出典:2015年5月 株式会社シード・プランニング調べ「注目サ-ビス(名刺管理サービス、タレントマネジメントサービス、ロッカー型クラウドサービス)の最新動向 No.2」より

ページの先頭に戻る