営業リストを自動で生成し続ける

img9

営業リスト作成で重要なポイント

営業リストは営業の初期段階で最も重要な活動の一つです。
最も効果の上がりやすい営業リストを作成するためのポイントをご紹介します。

お客様の共通項から、有望な営業リストを作成する。

まず、今までの貴社サービスの導入実績や事例から、どのような業種や規模、地域等の企業に導入した場合に、受注しやすい(お客様のお役に立ちやすい)のかの「共通項」を探しだすこと、が重要です。
例えば、従業員数100名程度の製造業のお客様であれば、導入メリットが出やすいため、同様の企業をリスト化する、といった具合です。
更に、その企業群の共通する課題等も把握しておけばテレアポや提案等の営業活動にも役立ちます。

アプローチの優先度を付ける。

営業リストを作成すると、その数が膨大になることも多々あります。
その場合、優先度をつけてアプローチを行っていくことが成果を早く上げるためのポイントになります。
優先度を付けるための指標としては、売上の大きい順、利益の出ている順等、サービスや業界特性によって様々な指標が考えられます。
また、一度お客様からヒアリングした情報を蓄積することはその後アプローチの優先度をつけていく上で重要な指標となります。
一度の商談やテレアポで受注には直結しにくい法人向けの場合、営業リストに対して履歴をや情報を蓄積していくことは長期的に重要です。

営業リスト作成を効率化するリストファインダー

リストファインダーはサイトに来訪している企業や見込み客(個人)を可視化することで有望な営業リストを自動的に生成することができるツールです。
何かしら興味をもってサイトに来訪している企業や見込み客(個人)を可視化する事で、アプローチしても反響の高い営業リストを生成し、営業の方の活動を効率的にします。

既に見込み客のある営業リストを自動で作成

先述の通り、営業リストを作成するには、有望な見込み客となりうる「共通項」を探しだすことが重要です。
リストファインダーでは、サイトに来訪している企業の中から、売上高の高い企業や、一定の従業員数以上の企業だけを抽出するということが可能です。
サイトに来訪しているということは、そのサイトのサービスに興味のある企業や見込み客(個人)の可能性が高いリストで、且つその中から、貴社のサービス・製品を導入したメリットが出やすいクライアントのみ絞り込むことで営業の活動効率を向上します。

リストファインダーの機能一覧はこちら

優先度の高い営業リストをまとめて抽出

img9

法人営業は、「いつ」アプローチするか、で成果が変わってくることが多々あります。
先述の通り、営業リストを用意した上で、優先度をつけてアプローチしていくことが求められます。
リストファインダーでは、その企業や見込み客(個人)が「いつ」サイトに来訪して、「どのページを」閲覧したかを可視化でき、そのような条件でリストを一覧で抽出することが可能です。
今アプローチすべき優先度の高い企業をまとめて抽出し、効率の良い営業活動に役立てることができるようになります。

リストファインダーの機能一覧はこちら

 

 

ページの先頭に戻る