IPアドレスとは?IP解析をBtoBマーケティングに活かす方法

今やインターネットを介して情報を収集したり、サービスを購入することが当たり前となっています。BtoBビジネスにおいても、自社サイトにアクセスしてきた見込み顧客を、いかに効率よく売上につなげていくかが大きな課題となっています。

そんな中、それぞれのパソコンに割り振られているIPアドレスを用いて解析を行い、見込み顧客の獲得を目指すマーケティングが注目されるようになってきました。
そこで今回は、IPアドレスとは、IPアドレスをBtoBマーケティングに生かす方法はどんなものがあるのか、ご紹介します。

IPアドレスとは

IPアドレスとは、パソコンなどのネットワークにつながる機器に付与されている識別番号です。インターネット上での各機器の住所のような役割で、つまりWebサイトにアクセスしたIPアドレスを調べれば、どの機器からアクセスしたかを特定することができます。

IPアドレスには、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの2種類があります。
グローバルIPアドレスは、プロバイダと契約した際に割り振られます。インターネットアクセスできる機器1台1台に固有の番号があり、重複することはありません。

プライベートIPアドレスとは、複数のパソコンをルーターでつなげた場合に使われる識別番号です。まず、IPアドレスはルーターに付与されます。ルーターとそこにつながる通信機器間でやり取りを行う場合に通信機器側に付与されるのがプライベートIPアドレスです。ルーターはグローバルIPアドレスと、プライベートIPアドレスを常時変換しながら通信を行っていることになります。

グローバルIPアドレスもプライベートIPアドレスも、個々の通信機器に対して付与されていることがお分かりいただけるでしょうか。

IPアドレスを使ってBtoB企業で有効活用できること

では、BtoBビジネスでIPアドレスはどのように有効活用できるのでしょうか。

IPアドレスが個々の通信機器に付与された、いわゆる住所のような目印だということは先述した通りですが、大手企業やネットワーク環境に精通している企業では、会社で固有のIPアドレスを持っていることも多くあるので、自社サイトにアクセスしたIPアドレスの解析を行えば、どこの会社がサイトを閲覧したかが分かるのです。

サイトを閲覧したということは、自社の商品やサービスに少なからず興味を持っている証拠です。BtoBビジネスでは、インターネットで事前に商品やサービスの情報収集を行ったり、競合他社比較を済ませたりするケースも多いので、サイトを閲覧した企業は、有望な見込み顧客の可能性さえあります。

IPアドレスを利用する解析を行うことで、そんな見込み顧客の発掘に繋がるのです。
解析によりIPアドレスと企業情報を結びつけて、マーケティングに生かす動きは活発化しています。1件でも多く見込み顧客を創造していくために、IPアドレスによる解析を丁寧に行いたいですね。

IPアドレスを解析できるツール

近年は、IPアドレスの解析ツールが多く開発されています。多くのツールは、IPアドレスの国、都道府県、市区町村、組織(企業名・資本金・業種分類・売上高など)といったデータを保管しています。国税庁発行の法人番号を利用しているものもあるので、非常に幅広い法人データを管理していると考えてよいでしょう。

解析ツールを利用することで、アクセスしてきたIPアドレスとそれらのデータを自動的に結びつけます。その結果、リードジェネレーション(見込み顧客の獲得)、リードナーチャリング(見込み顧客の育成)、リードクオリフィケーション(見込み案件の創出)の各段階へ、リアルタイムの情報を提供してくれます。

例えば、各段階に応じたリードリストの作成も可能なので、DMの発送や電話でのアプローチなど、そのまま営業の現場で利用できます。
また解析データから、それまでターゲットにしていなかった業界からの需要を読み取るなど、マーケティングに活かすこともできます。

それぞれの企業の検索キーワードや閲覧したWebページと、見込み顧客データをリンクさせ、何に興味があるのか、検討度合いはどうか等の顧客動向を把握することも可能です。
企業名や組織名などから競合他社予測も可能でしょう。都道府県や市区町村などの位置情報からは、販売エリアや販売状況の検証にも役立ちます。

また、ツールによっては、自社が持つ顧客データを取り込んで、既存の見込み顧客の動きを分析できるものもあります。
他にも、分析結果から企業名が判明したアドレスにのみ、リタ―ゲディング広告を配信できる機能等もあります。

このように、単なる解析だけでなくその後のマーケティングに連動できる解析ツールは大変有効と言えるでしょう。

おわりに

今回は、IPアドレスとは?IPアドレスをBtoBマーケティングに生かす方法はどんなものがあるのかについてご紹介しました。
IPアドレスは、通信機器それぞれに付与される個別識別番号です。自社サイトにアクセスしたIPアドレスをたどれば、どこのエリアからどの企業、組織がアクセスしたかが分かります。近年の解析技術は日進月歩です。解析結果をマーケティングだけでなく、実際の営業戦略にも役立てることができます。
今回ご紹介したツールなどを利用して、解析結果を生かした効率的な営業を目指しましょう。

「リストファインダー」を活用して、IP解析をマーケティングに活かしませんか?
自社サイトに訪れたIPアドレスから、企業名(組織名・法人名)が解析でき、豊富な企業データも同時に取得できます。
その企業がどのページを見たか、どのような遷移をたどったかなどの行動履歴も一目瞭然。

IP解析機能について、詳しくはこちら
20日間無料トライアルのお申込みはこちらから

ページの先頭に戻る