IPアドレスとは?BtoBマーケティングの担当者が知っておきたい基本の「キ」

マーケティング全般

LinkedIn にシェア
Pocket

BtoBマーケティングの担当者が知っておきたい、IPアドレスとは?

Webマーケティングの様々な場面で耳にすることのあるIPアドレス。Webサイトの管理をしているマーケティング担当者でも、実はよくわかっていないという場合も多いのではないでしょうか。

今回は、IPアドレスとは何か、マーケティング担当者が知っておきたい情報をまとめてご紹介します。

IPアドレスとは

IPアドレスとは、パソコンなどのネットワークにつながる機器に付与されている識別番号で、例えば「192.168.0.1」のように、数字とドットで表されます。

インターネットを利用する際には、サーバーとパソコン間等でデータのやり取りが必要ですが、その際の「送信側」「受信側」がどこに存在するのかをIPアドレスで識別します。このことから、ネットワーク上での各機器の住所のような役割とよく言われています。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスには、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの2種類があります。

グローバルIPアドレスとは

グローバルIPアドレスは、プロバイダと契約した際に割り振られます。インターネットアクセスできる機器1台1台に固有の番号があり、重複することはありません。

プライベートIPアドレスとは

プライベートIPアドレスとは、ローカルIPアドレスとも呼ばれ、家や会社などで複数のパソコンをルーターでつなげた場合に使われる識別番号です。まず、グローバルIPアドレスはがルーターに付与されます。ルーターとそこにつながる通信機器間でやり取りを行う場合に、通信機器側に付与されるのがプライベートIPアドレスです。ルーターはグローバルIPアドレスと、プライベートIPアドレスを常時変換しながら通信を行っていることになります。

変動(動的)IPアドレスと固定(静的)IPアドレス

プロバイダから割り当てられるグローバルIPアドレスには、変動(動的)IPアドレスと固定(静的)IPアドレスの2種類があります。

変動(動的)IPアドレスとは

変動(動的)IPアドレスは、ネットワークに接続するたびに、プロバイダから割り当てられるIPアドレスです。プロバイダが保持しているIPアドレスのうち、その時に接続されていないIPアドレスが順次割り当てられるため、接続するたびに異なるIPアドレスになります。それまで他の人が使っていたIPアドレスを、次は自分が使うということも頻繁にあるということです。

世界中には膨大な数のインターネットに接続できる通信機器がありますが、それらの全てに個別のIPアドレスを付与するには、グローバルIPアドレスが不足しています。そのため、いくつかのIPアドレスを数人で使いまわして節約できるよう、インターネットに接続する際にだけ、その時に空いているIPアドレスが割り当てられるのです。

インターネットでの情報収集や音声・映像の受信などでは、変動(動的)であることに何の問題もないため、家庭用などの一般的な契約は、基本的に変動(動的)IPアドレスになります。

固定(静的)IPアドレスとは

対して固定(静的)IPアドレスは、いつネットワークに接続しても同じIPアドレスになります。他者がそのIPアドレスを使うことはありません。

サーバーを公開する場合や、外からパソコンにリモートアクセスする場合、Webカメラを利用する場合などは、固定(静的)IPアドレスである必要があります。

IPが固定された自社サーバーで自社サイトを公開することで、IPアドレスが変動する場合と比較して、よりアクセスしやすいサイトを保持できるなどのメリットから、多くの企業が固定(静的)IPアドレスを持っています。

自社(自分)のIPアドレスを調べる

自分の使用している通信機器のIPアドレスは、簡単に知ることができます。

グローバルIPアドレスの調べ方

アクセスしただけで、その時に使用しているグローバルIPアドレスを表示してくれる無料サービスが多数あります。参考までに、下記のURLにアクセスして確認してみましょう。

 https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi
 http://www.bad-company.jp/ipaddress/
 https://grupo.jp/myip/

プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレスは、実際に使っているパソコンなどを操作して、調べることができます。OSやバージョンによって異なりますが、大まかに下記の操作方法で調べることができます。

Windowsの場合
スタートメニューから「コマンドプロンプト」を開き、「Ipconfig」と記述して、Enter
Macの場合
「システム環境設定」から「ネットワーク」を開く

自社のIPアドレスを除外する

自社のWebサイトにGoogleアナリティクス等のアクセス解析ツールを入れている会社は多いと思いますが、IPアドレスの除外はできているでしょうか?

解析データを見て、たくさんアクセスされていると思っていても、実はほとんどが社内からのアクセスかもしれません。自社のWebサイトはほとんどの場合、社外に向けて情報を発信することが目的ですから、そんな状況では正しい状況把握ができなくなってしまいます。

アクセス解析ツールに自社のグローバルIPアドレスの除外設定をすることで、社内からのアクセスを解析データから除くことができます。分析に不要なデータを除いて、どれだけ社外からのアクセスを得られているのか、正確に把握できるようにしましょう。もしまだ設定ができていない場合は、先にご紹介した方法を参考に、IPアドレスを調べて設定することをお勧めします。

また、社内からのアクセスと同様に、パートナー企業や、Webサイトの運営管理を任せている企業のIPアドレスも除外すると良いでしょう。

IPアドレスから閲覧企業を把握する

自社のIPアドレスだけでなく、自社サイトにアクセスしてきたIPアドレスも、マーケティングに活用することができます。

IPアドレスからは、プロバイダや地域、企業名などの所有者といった情報を得ることができます。そのため、自社のWebサイトにアクセスしたIPアドレスを調べることで、自社のWebサイトを閲覧している企業がわかるのです。

Webサイトを閲覧するということは、自社や自社サービスに、少なからず興味や関心があると言えます。IP解析により閲覧企業の情報を収集して、マーケティングや営業活動の有効なデータとして活用しましょう。

IP解析について、下記の記事も参考にご覧ください。
「IP解析とは?IPアドレスをBtoBマーケティングに活かす方法」

おわりに

IPアドレスについて、ご理解いただけたでしょうか? 普段は目にすることがなく、難しそうな印象ですが、意外に身近に感じられたのではないかと思います。
Webサイトをマーケティングに活用しているのであれば、除外の設定や、閲覧企業の情報収集など、ぜひ活用してみてください。

「List Finder」を活用して、IPアドレスをマーケティングに活かしませんか?
自社サイトに訪れたIPアドレスから、企業名(組織名・法人名)が解析でき、豊富な企業データも同時に取得できます。
その企業がどのページを見たか、どのような遷移をたどったかなどの行動履歴も一目瞭然。

IP解析機能について、詳しくはこちら
20日間無料トライアルのお申込みはこちらから

LinkedIn にシェア
Pocket

ページの先頭に戻る