オウンドメディアとは?BtoB企業での活用事例や集客・運用のコツ

オウンドメディアは、今注目が集まっているWebマーケティング手法の1つです。大手企業を中心として、オウンドメディアを立ち上げる企業が年々増えています。
そこで今回は、オウンドメディアとは何か?BtoBビジネスでの活用事例や集客・運用のコツをご紹介します。

オウンドメディアとは?

オウンドは、「Owned…所有する」という意味です。つまり、オウンドメディアとは「自社で所有するメディア」を指します。来訪者の欲する情報を発信することが主体であり、見込み顧客やユーザーが欲するコンテンツを定期的にアップします。企業としての価値を高めながら信頼関係を構築していく役割を担っています。

オウンドメディアは、アーンドメディアとペイドメディアというメディアと合わせて、「トリプルメディア」とも呼ばれます。

アーンドメディアのアーンドとは、評判・信用を意味し、ユーザーと信頼関係を構築する役割を担っています。SNSなどで代表的なFacebookやTwitterなどが、アーンドメディアです。一方、ペイドメディアとは広告費用を支払うもので、大手ポータルサイトやマスメディアなどの広告メディアです。

どんなコンテンツを掲載するの?

オウンドメディアの掲載コンテンツで最も多く見られるのは、自社の持つ専門知識やノウハウを提供するコンテンツです。役立つ情報を提供することで、見込み顧客との信頼関係を築き、自社製品・サービスへの興味関心を高める事に繋げます。

自社製品・サービスの活用方法を提案するコラムなどもあります。自社製品・サービスをアピールしながら、具体的な活用方法を提案し、見込み顧客自身の利用を想像してもらうことで、特に新規事業や新規分野の集客を容易にしてくれる可能性が期待できます。

既存顧客向けのアフターケアをオウンドメディアで行うケースも増えています。既存顧客への手厚いサービスになるだけでなく、自社製品やサービスに関する知識を深めてもらうアピールの場に変えることが可能です。

また、自社サービス分野に関連した連載形式の物語風コラムなどで、集客を促すオウンドメディアも存在します。読み手の心をつかむ、質の高い読み物を掲載することで、長期的な集客効果を狙ったものです。

併せて、イベント・セミナー・講演会などの案内を掲載したり、期限を設けたホットな情報をアップしたり、さまざまな工夫を施して運用していくと良いでしょう。

BtoB企業の活用事例

企業のマーケティングを成功に導くために有用なオウンドメディアですが、実際にどのような会社がどのように活用しているのでしょう。ここではその活用事例をご紹介します。

Webマーケティング会社の事例

あるWebマーケティング会社が提供しているオウンドメディアは、コンテンツマーケティングの導入事例や自社が実施したSEO施策の実践方法などを掲載しています。自社の貴重なノウハウを明かすような印象まで受ける、きめ細やかな情報公開が人気です。最新のWebマーケティングに関する情報を求める読者に対し、「実績がある誠実な会社」であることを強く印象付けることに成功している事例でしょう。

ポイント
問い合わせ用のボタンに、「成果を出したい場合はお問い合わせください」という形でメッセージを気軽に送信できる工夫がされています。見込み顧客に対して、メッセージ要素も含めたボタンテキストです。また、自社のノウハウを詰め込んだホワイトペーパーを公開して、ダウンロードする際に担当者名やメールアドレス等の見込み顧客情報の獲得も行っています。

オフィス用品・オフィスデザイン会社の事例

あるオフィス用品やオフィスデザインを手掛ける会社の場合は、環境への配慮が行き届いた次世代環境ビジネスのオフィス造り・未来の働き方・長時間労働問題・人工知能などの情報が人気です。さらに、各分野の専門家が執筆する幅広いジャンルのコラムは、読み応えがあると評判を呼んでいます。

ポイント
記事に関しての問い合わせは送信先メールアドレスが自動挿入され、メーラーが起動するシステムになっており、フォームのように必須事項を入力することなく、気軽に問い合わせをすることができます。また、配信しているメールマガジンでも、前述のような情報配信でファンを獲得していくことで、登録者数を伸ばすことに成功しています。

どうやって集客・運用していくの?

実際に自社でオウンドメディアを運用する場合、どのような方法で集客をしていけば良いのでしょうか。

SEO施策

検索エンジン経由で情報収集している見込み顧客を来訪させるために、多くのキーワードで検索結果の上位に表示されることを目的とした施策です。サイト内の情報数や記事コンテンツのボリュームなどを充実させること、またサイトの来訪者が探している情報を提供できるか、質の高い情報であるかが重要になります。

SNSの運用

短期間での爆発的な集客も起こりうるSNSへの対応は、今では必須です。定期的な情報発信と、SNSとの連携(オウンドメディアでのシェアボタンの設置)により、集客を行います。逆に、SNS上でのファン獲得からオウンドメディアへの誘導にも繋がります。

いずれにせよ、オウンドメディアの集客力を高めるには充実した情報の発信が必須です。どういったタイプのオウンドメディアを運用していくのか、どのような情報を、いつどのくらい発信するのかといった運用施策を考えることが必要でしょう。

おわりに

オウンドメディアは、見込み顧客や既存顧客が求めている情報を提供するコミュニケーションツールとも言えます。うまく運用できれば企業価値が高まり、見込み顧客との信頼関係も深められるため、潜在的な見込み顧客の掘り起こしにもつながります。オウンドメディアの活用事例なども参考にしながら、多くの見込み顧客にアクセスしてもらえるような集客戦略をしっかりと設計していきましょう。

ページの先頭に戻る