メールマーケティングツールの基本機能解説と選び方のポイント

メールマーケティング

LinkedIn にシェア
Pocket

メールマーケティングツールの基本機能解説と選び方のポイント

メールマーケティングは費用対効果が良いのですが、担当者に負担が掛かりすぎる問題があります。メールマーケティングツールを使って、担当者の負荷を減らしましょう。メールマーケティングツールの基本機能や選び方について解説します。

メールマーケティングを成功させるには

メールマーケティングはテレビCMやWeb広告と比べてコストが低く、そのため多くの企業が導入してる手法です。
メールマーケティングで成果を挙げるためには、メールマーケティングの基本を押さえておくことが重要になってきます。

メールマーケティングの基本戦略

メールマーケティングとは、メールを使ったマーケティング手法のことです。メールをユーザーに読んでもらい、自社のファンになってもらったり、資料請求やサービスへの登録といった成果につなげることが、メールマーケティングの基本的な戦略です。

メールマーケティングでは、ユーザーの年齢や性別、家族構成などを分析し、ユーザー1人ひとりに適したメールを送ります。この点が、ユーザーの属性を問わないメルマガやブログよりも高い効果を発揮できる要因です。

メールマーケティングツールとは?

前述したとおり、メールマーケティングでは、ユーザー個別に適したメールを送信することが基本となります。そのため、ユーザーの解析やメールの配信には工数が掛かってしまいます。

この工数を削減し、より高いメールマーケティングの効果を得るために用いられるのが『メールマーケティングツール』です。メールマーケティングツールについて、より詳しく見ていきましょう。

メールマーケティングを実施するためのツール

メールマーケティングツールとは、文字通りメールマーケティングを行う上での補助機能を有してるツールのことです。

HTMLメールの作成や送信リストをセグメント別に分類する、送信したメールの効果を分析するといった機能を備えており、メールの作成・送信に掛かる手間を減らしたり、より良質なメール作成のための情報分析やフィードバックを可能にします。

主にはメール機能に特化した『メール配信ツール』と、マーケティング全般をサポートする機能を持ち、その中の一部としてメール配信の自動化などを有してる『マーケティングオートメーション』といった種類があります。

メールを活用した施策は「メール配信ツール」

『メール配信ツール』は、メールを活用した施策を行うためのツールです。メルマガやステップメール、リターゲティングメールなど、配信方式に沿ったメールの配信を可能にします。

開封率や到達率、クリック率といったメールの効果測定も可能です。マーケティングオートメーションと比べて比較的料金も安く、メールのみのコンテンツ作成を考えるのであれば十分に機能するでしょう。

業務を自動化する「マーケティングオートメーション(MA)ツール」

マーケティングオートメーション(MA)ツールは、情報の入力、伝票の発注、名刺データの取り込みなど、マーケティングの定型業務を自動化するためのツールです。その中には、メールの自動配信機能や分析機能が含まれているツールも多くあります。

マーケティング全般に活用することを目的としているので、メール配信ツールと比べとかなり多機能です。その分、導入・運用費用も高額となります。導入するにあたってはメール以外の用途で活用するかどうかも検討しましょう。

主なメールマーケティングツールの機能

メールマーケティングツールにはどのような機能があるのでしょうか。メールマーケティングツールに備え付けられている主な機能を紹介します。

メール配信機能

メールを1度に大量に送信する機能を使えば、1度に数千、数万件のメールを同時送信することも可能です。人がこの作業をしてしまうとプロバイダからペナルティを受けてしまうこともありますが、メール配信ツールを使えばそのような心配は不要です。

また、単純にメールを大量送信するだけでなく、配信リストに合わせてメールを分別して送ったり、メールの配信スタイルに合わせてメールを送信することも可能になります。

配信スタイルについては、次のような種類があることは押さえておきましょう。

One to Oneメール

「One to Oneメール」とは、ユーザーが自分宛に届いたと思うような、個人の趣味・趣向、環境に合わせて配信するメールのことです。

同じメールをすべてのユーザーに配信すると、機械的な印象に受け取られてしまうなどして、メールの成果がどうしても下がってしまいます。

「One to Oneメール」の場合、件名にユーザー名を入れたり、嗜好に合わせた内容に関して記述したりなど、メールの中にユーザー個人の情報を含ませます。それにより、自分に関係のあるメールだという思いをユーザーに抱かせることができ、メールの開封率や読了率が向上します。

ステップメール

ステップメールとは、内容に連続性のあるメールを、複数回に分けて送信するメールのことです。

  • ダイエットの始め方から、おすすめのダイエットサプリの紹介
  • ペットのしつけ方を全10回に渡って解説

というような、シナリオ形式のメールを順番に送信します。前回の続きが気になる読者が続けて読んでくれるので、見込み顧客の抽出として役立ったり、ユーザーと時間をかけて接触するので信頼関係を構築できたりするといったメリットがあります。

ステップ数や送信頻度などを、メールマーケティングツールは細かく決めることが可能です。

リターゲティングメール

広告には『検索連動型広告』というものがあります。これは、ユーザーが検索したキーワードに関連性がある広告を自動で表示するというものです。リターゲティングメールの原理は、これと同じです。

Webページへのアクセスやメールの開封、クリックをきっかけに、その内容と関連性の高いメールを、アクションをとったユーザーに送信します。これによって、ユーザーが興味を持っているそのタイミングで、メールによる販促や宣伝を行うことが可能です。

メルマガなどの定期配信のメールよりも、コンバージョンにつながる可能性が高まります。

休眠顧客を掘り起こすメール

以前は取引があったものの、メルマガを解約してしまったり、失注してからその後にリアクションがないままになっている顧客のことを『休眠顧客』と呼びます。

休眠顧客は以前に自社の商品やサービスに興味を抱いていたものの、タイミングが悪かったり、別の競合を選んでしまったりといったケースも多く、自社に再び興味を持ってくれる可能性が高くあります。

アクションがない休眠顧客を発掘するメールを送信することも、メールマーケティングツールでは可能となります。

分析機能

メールマーケティングツールには、メールの効果を分析する機能もあります。メールは分析する要素が多くあります。メール分析を行うことで、タイトルや文章、テーマなどをよりユーザーに訴求できるものに改善できます。

どのユーザーがどのようなメールに興味を持ってくれているかなども分析できるので、商品改善や商談のアプローチなど、さまざまな企業側のアクションにもつなげられます。

開封率やクリック率、ユーザー特定の分析機能

メールマーケティングツールが分析できる項目には、次のようなものがあります。

  • 開封率:受信フォルダのメールが開封された割合
  • 到達率:メールが受信フォルダに届いた割合
  • クリック率:メール内のリンクが踏まれた割合
  • 滞在時間:メールを開いている時間
  • エラー率:エラーで戻ってきたメールの割合
  • CV(コンバージョン)率:商品の購入やサービスへの登録など成約に結びついた割合

これらの項目を分析していくことで、メールが読まれているのかどうか、ちゃんと届いているのか、メールがどのぐらい成約に結びついているのかといった具体的な成果について分析することができます。

HTML作成エディタ機能

HTMLとは、文字を装飾したり、画像やリンクなどが載っていたりする文章のことです。メールマーケティングツールを使うことで、テキストだけの文章ではなく、デザインや分かりやすさにこだわったメール文書を作成することができます。

文字だけのシンプルなメールよりもはるかに読みやすく、商品に直接飛ぶなど機能的にも便利なため、コンバージョンや可読性の向上につながります。

メールマーケティングに使えるおすすめツール

メールマーケティングに活用できる、おすすめツールを特徴と共に紹介します。ツールの導入を検討してる方は、参考にしてみてください。

コスト重視なら「お名前.comメールマーケティング」

「お名前.comメールマーケティング」はGMOインターネットグループのドメインポータルサービス「お名前.com」が運営するメール配信システムです。メールに関する機能に特化しており、月額790円から利用できます。そのため、お試しで導入やスモールスタートにも使いやすいです。

コストは安価ですが、機能は非常に豊富です。予約廃止にゃテスト配信、ターゲット配信などの機能から、ドメインキー・SPF認証によってなりすましを防ぎます。セキュリティも高いです。

コストを重視しつつ、メール配信に特化したツールを探している方におすすめです。

IP解析機能と顧客管理機能がある「List Finder」

『List Finder』はBtoBに特化したマーケティングオートメーションです。メール機能だけでなく、オフィス業務の自動化やスコアリング機能、セミナーページの作成機能など、営業全般をサポートするさまざまな機能を有しています。

価格は3万円台からと、マーケティングオートメーションの中では低価格です。シナリオに応じたメール配信機能、メールの解析やHTMLエディアなど、メールマーケティングに欲しい機能もそろっており、使いやすいツールです。

機能性が高いメールマーケティングツールを選びましょう

メールマーケティングはコンテンツの作成や送信リストの管理など、人の手のみで行おうとすると負荷が大きく掛かります。そこで役立つのが、メールマーケティングツールです。

メールマーケティングツールには、メールの配信や分析機能など、メールマーケティングに必要な機能がそろっています。メールマーケティングツールを活用して、工数削減やメールのクオリティ向上などの施策を行い、成果につなげていきましょう。

LinkedIn にシェア
Pocket

ページの先頭に戻る