キラーコンテンツとは?Webマーケティングでの意味と活用例

マーケティング全般

Share on LinkedIn
Pocket

キラーコンテンツとは?Webマーケティングでの意味と活用例

インターネットの普及に伴い企業のマーケティングの方法も、よりWebを活用したものへ注力されつつあります。
そんなWebマーケティングの方法の一つ、Webコンテンツをマーケティングツールとして使用した方法が、「コンテンツマーケティング」、その中でも重要な役割を担うのが「キラーコンテンツ」と言われます。

今回は、Webマーケティングにおけるキラーコンテンツとはどのようなものか、活用例と一緒にご紹介します。

キラーコンテンツとは

キラーコンテンツとは、特定の分野の普及のために、集客をする力のある情報やサービスを指します。

例えばゲーム業界では、爆発的に売れるゲームソフトをキラーコンテンツと呼びます。キラーコンテンツになるには、そのソフトが売れるだけではいけません。そのソフトを利用できるゲーム機(ハード)を、広く普及させるほどの影響力がないとキラーコンテンツとは呼ばれません。

このようにキラーコンテンツとは、ある分野の普及を著しく広めるほどの影響力や、魅力があるコンテンツを意味します。

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツ

Webマーケティングの世界では、「商品やサービスを売る力を持ったコンテンツ」をキラーコンテンツと呼びます。Webコンテンツ自体の魅力や、発信力で商品を売ることができる、売上に直結する、質の高いコンテンツを意味します。

キラーコンテンツのポイントは、ユーザーが求める情報であることです。キラーコンテンツに限らず、どんなマーケティング施策においても言えることですが、「自社が伝えたいこと」ではなく、「見込み顧客が知りたいこと」という目線は忘れないようにしましょう。

どんな役職、立場の人で、どんな課題を抱えているのか、購入を決める際は何がポイントになるのか等、見込み顧客や既存の顧客を調査、分析して、ターゲット像をしっかり把握しましょう。

その上で、どんな情報であれば顧客の検討を後押しできるのか、逆にハードルとなっている不安要素を排除できるのかを考えてコンテンツに落としていくと良いでしょう。

キラーコンテンツ例

では具体的にどのようなコンテンツが、キラーコンテンツになり得るのでしょうか。

商品紹介ページ

商品ページをキラーコンテンツするのであれば、詳細な情報まで載せるようにしましょう。製品、サービスに求めることや不安に思うことは、顧客によって様々です。見込み顧客が知りたいことを網羅できているコンテンツが良いですね。

顧客に伝わりやすくする工夫も大切です。製造工程や実際の使用シーンを動画コンテンツにするなどの方法も考えられます。

導入事例

製品購入後の具体的な使い方、得られる効果を伝えましょう。製品自体の情報だけでは想像しづらい、自社で導入した際のイメージに繋がり、購入の意欲を高められるでしょう。

購入企業の業種や規模別、また課題別等、様々な場面での事例が揃っていると、顧客はより具体的なイメージをしやすくなるでしょう。

お客様の声

ECサイトの口コミのように、第三者からの声というのは説得力があり、安心材料になるものです。実際に購入したお客様からの声は、これから購入しようとしている見込み顧客には嬉しい情報となるでしょう。

複数の既存顧客にアンケートを取って集計しても良いですし、実際にいただいた声を文章にまとめても良いでしょう。しかしやはり実際のお客様に登場してもらうことで、より説得力は増します。お客様の写真や、実際にインタビューした際の動画等は、より見込み顧客を引き付けるコンテンツとなるでしょう。

ポイントは、ストーリー性を持たせることです。課題の認識、製品の比較検討、導入時のポイントや苦労、そして現在得られている効果やメリット…というストーリーは、読み手にとってわかりやすく、印象的になります。

専門家による見解や評価

第三者からの声の一つとして、業界では有識者として認識されている人にインタビューや寄稿を依頼しても良いでしょう。権威のある専門家に客観的に製品を見てもらうことで説得力が増し、見込み顧客の信頼や安心感に繋がるでしょう。

調査データやアンケート

業界の動向やトレンド等、自社製品に絞らない広い視点での情報は、見込み顧客にとっても有益で知りたい情報と言えるでしょう。
第三者機関による調査結果や、「〇〇〇〇人に聞いた」などの対象を広くとったアンケート結果は、信憑性があり、興味も湧きやすいものです。

自社製品への興味や導入メリットにつながる情報を、コンテンツとして取り入れてみましょう。

おわりに

今回は、Webマーケティングにおけるキラーコンテンツとはどのようなものか、例と一緒にご紹介しました。
キラーコンテンツを作成するには、まずユーザーがどのような情報を求めているのかを調査しなくてはなりません。見当違いの情報を発信しても、ユーザーは興味を示してくれないからです。
ユーザーの要望に合うような情報を伝えるキラーコンテンツができれば、商品の売上にも貢献できるはずです。

コンテンツマーケティングについて、下記の記事も参考にご覧ください。
「BtoBのWeb集客で重要なコンテンツマーケティングのメリットと、コンテンツ作成方法」
Share on LinkedIn
Pocket

ページの先頭に戻る