マーケティングオートメーション
(MA)ツールの選び方

マーケティングオートメーションツールは既に国内でも多く提供されています。その中からツールを選定するにあたり、重要なポイントを把握しておきましょう。

1:自社のリソースに合っている

最も重要なのは、導入するマーケティングオートメーションを使いこなせるスキルを持った人材を確保(調達、或いは育成)できるかということです。

特に、高価格帯のマーケティングオートメーションツールはアメリカから輸入されているものが多く、マーケティング先進国のアメリカの担当者が使いこなせるレベルで、画面や機能等の全てが設計されています。このレベル感に自社のマーケティング部隊がフィットするかどうかが最大のポイントになります。

高価格、高機能なツールのレベルに不安を感じる場合は、まず、初歩的なマーケティング活動をリスク低く実践し、成功を積み重ねながらレベルアップしていくことをお勧めします。

2:導入リスクが低い

マーケティングオートメーションの導入で最も怖いのは、使いこなせずに投資した工数や費用が無駄になること、そしてその後、マーケティングに対してネガティブな印象を持ってしまうことです。

こうならないためには、低いリスクで始め、実践しながら改善を続け、レベルアップしていくことが重要です。その上でのツール選びのポイントは、「初期投資金額が低いこと」、「サポートが充実していて、何かあれば相談できる体制があること」が重要になります。

3:自社同様の企業が導入している

自社と同じくらいの規模の企業が導入しているかどうかは、自社でも運用できるかを推測する良い指標になります。

自社レベルに合わず、導入したのに使いこなせないといった事がないように、選定の際のポイントとして確認をしましょう。

ページの先頭に戻る