効果の高いランディングページ(LP)の作り方は?設計やデザイン例を紹介

マーケティング全般

Share on LinkedIn
Pocket

効果の高いランディングページ(LP)の作り方は?設計やデザイン例を紹介

見込み顧客に自社の商品やサービスに興味を持ってもらえるように、コストを掛けて見栄えの良いランディングページ(LP)を作ったのに、実際には効果がなくて意気消沈した経験はありませんか?制作はしてみたものの、全然効果がでない、活用できていない、という企業は多いようです。

そこで今回は、効果の高いランディングページ(LP)の作り方や設計・デザイン例をご紹介します。

ランディングページとは

ランディングページ(Landing Page)は、ネット広告やリンクのクリックによって訪問者が最初にアクセスするWebページ全般を指した言葉で、「LP」と表記されることもあります。

効果の高いランディングページ(LP)の作り方は?

ランディングページは、自社の商品やサービスを、訪問者した見込み顧客に対していかにわかりやすく、魅力的に訴求するかが重要です。そのためのポイントを以下にまとめてみました。

【ポイント1】ターゲットを明確に!

まず、「このランディングページを誰に読んでもらいたいのか」というターゲットを設定することが重要です。

自社の商品・サービスに対する顧客は、どのような企業なのか?どのような担当者なのか?などによって、アプローチ方法や訴求ポイントは全く異なります。そのため、ターゲットは最初にしっかりと定義するようにしましょう。

【ポイント2】ファーストビューが鍵!

ファーストビューとはキャッチコピー、キービジュアルなどを含んだ、ページを開いて最初に表示される画面のことです。

多くの訪問者は、最初の印象が思っているものと違った場合、すぐにページを離脱してしまい、最後まで読み続けることはありません。
そのため、訴求したい内容を凝縮し、「伝えたい顧客(ターゲット)に、伝わりやすい」ファーストビューを作成する必要があります。

【ポイント3】見込み顧客との共感を図る!

企業が抱えている悩み・課題に対して、問いかける形になるキャッチコピーやコンテンツは、訴求を高めるためおすすめです。
ランディングページを訪問した見込み顧客が、その問いかけに共感することで、自社の商品・サービスが身近で特別なものになります。
訪問者が「そうそう、それが必要なんだよ!」と共感できるポイントがあるかないかで、効果に差がでることは十分に考えられるでしょう。

【ポイント4】既存顧客からの評価を掲載!

前述の3点がいかに素晴らしくても、ランディングページは広告ページである性質上、基本的には自社目線での、商品やサービスの良い点ばかりが羅列しがちです。
情報の信頼度を高めるために、「お客さまの声」や「成功事例」など、既存顧客による評価を掲載することも効果的だと考えられます。

ここでも好評なコメントを並べるだけでなく、少し厳しいお声も含めて、ありのままを掲載しても良いでしょう。率直なお客様からのご意見は、商品・サービスの改善点として品質を上げていくことにつなげることができますし、そういった声と誠実に向き合っているという姿勢を見込み顧客に伝えることで、好印象を与えることもできます。

【ポイント5】商品・サービスの詳細はきちんと明記!

商品・サービスの詳細はもちろん、導入費用やサポート体制、特徴など、見込み顧客が気にすると想定される部分についてはしっかりと明記しておきましょう。

さらに、導入後にどのような効果を体験できるかなど、導入後のイメージまで持たせてあげることで、問い合わせまでつながる確度が変わってくるでしょう。

【ポイント6】導線の確保も重要!

お問い合わせや資料請求など、そのLPで見込み顧客に取ってほしいアクションの導線はしっかり確保しておくことが重要です。

見込み顧客がいざ問い合わせようと思った際に、どこから問い合わせれば良いのか一目でわからないような場合、途端に意欲を失ってしまう可能性もあります。より確実に見込み顧客のアクションを引き出せるように、導線の配置や見やすさなどを調整しましょう。

ランディングページ(LP)の設計・デザイン例

具体的にBtoB企業でどのようなLPを作成・活用しているのか、一例として「採用支援サービス」を提供する企業のランディングページをご紹介します。

まずファーストビューでは、キャッチコピーとして実績数や代表的な大手顧客の導入実績を掲載しています。

スクロールすると、複数のお客さまの声が閲覧できるよう、スクロールバーを利用してコンテンツを掲載。さまざまな業種の見込み顧客が訪問しても、その業種に合わせて訴求できるようになっています。

続いて、自社の特徴(長所・強み)を掲載して、優位性を数値にもとづいた内容でアピール。

サービス導入の流れもイラスト付きで、閲覧した見込み顧客がサービス導入をイメージしやすいように表現されています。

また、お問い合わせボタンはスクロールに応じてボタンが移動するようになっており、ページ内のどこのコンテンツで問い合わせをしたいと思っても、常にクリックできる状態です。

デザイン面ではコーポレートカラーをベースカラーとして、自社をイメージしやすい配色。

素材もフリー素材ではなく実在する社員の写真を使用し、自社の見える化を実現しました。これにより、どのような担当者がついてくれるのかがイメージでき、自社の信頼度を上げています。

さらに、データをイメージや図などを用いて視覚的にわかりやすく表現し、ランディングページのコンバージョン数アップに成功しました。

おわりに

今回は、効果の高いランディングページ(LP)の作り方や設計・デザイン例をご紹介しました。
顧客に向けて、Web上で商品やサービスを訴求できる時代となり、ランディングページの重要性が注目されています。しかし、顔の見えない顧客に商品・サービスを訴求するランディングページには、さまざまな工夫が必要です。
そのため、1度作っただけで満足はせず、効果の分析、改善を繰り返して、より良いランディングページの作成を目指しましょう。

LPの改善、最適化について、下記の記事も参考にご覧ください。
「企業サイトのLP最適化で必須!ABテストの効果的な運用方法」
Share on LinkedIn
Pocket

ページの先頭に戻る