マーケティングオートメーション
(MA)でできること

マーケティングオートメーションは、見込み顧客(リード)情報を獲得・管理し、中長期に渡って良好な関係性を築くためのコミュニケーションを行い、最適なタイミングで営業に引き渡す事ができます。
よってマーケティングオートメーションツールには、見込み顧客(リード)情報を中心に様々な活動を行うための機能が実装されています。

機能1:見込み顧客(リード)情報の一元管理

見込み顧客情報を獲得したり、獲得した見込み顧客情報を一元化し、管理する機能です。

見込み顧客の獲得においては、セミナー情報やキャンペーン情報を告知するコンテンツをWebサイト上に作成するCMSのような機能がこれにあたります。

管理においては、見込み顧客の情報を入力してもらうためのフォーム機能や、見込み顧客情報を一括で取り込むインポート機能がこれにあたります。他ツールとの連携ができるマーケティングオートメーションツールもあるので、既に使用している顧客管理ツールとも併用が可能です。

機能2:見込み顧客(リード)を育成するためのコミュニケーション

見込み顧客とのコミュニケーションを、メールやWebを通じて円滑に行っていくのを支援する機能として、一斉メール配信機能やステップメール機能が搭載されています。

見込み顧客は購買のための情報収集をインターネット上で行うことが多くなりました。これに合わせて販売側も、見込み顧客とのコミュニケーションをWebや、Webに相性の良いメールで行っていく必要があります。

機能3:有望な見込み顧客(リード)情報の抽出

前提として、見込み顧客毎にサイト閲覧履歴を取得する機能があります。そこから見込み顧客毎の有望度合いをスコア化したスコアリング機能や、有望と思われる見込み顧客情報を通知する機能等がこれにあたります。

BtoBの場合、最終的な購買のシーンには未だ営業が関わることが多いのも事実です。営業が最適なタイミングでアプローチを行えるように、アプローチすべきタイミングやその際の訴求ポイントを推し量ることができるような機能が、マーケティングオートメーションツールには実装されています。

ページの先頭に戻る