メルマガとは違うメールマーケティングとは?

現在のマーケティング活動にはインターネットの利用が欠かせません。BtoBでも、昔のように相手企業の営業担当者に直接会って情報収集などをしなくても、Webサイトなどから多くの情報を得ることができるようになりました。

インターネットを利用したマーケティング手法の1つに、「メールマーケティング」があり、成功させることができれば大きな結果を出すことのできるマーケティング手法です。紙のチラシを作成する場合の制作費や印刷料金、Web上のバナー広告出稿費などを考えると、他のマーケティング手法と比較して、掛かる費用は比較的低く実施ができます。

従来の一律でメールを送信するタイプのメルマガとはどう異なるのか、どうすれば成功させられるのかを今回はご紹介します。

メールマーケティングとは?

メールマーケティングと聞くと、「メールを配信するだけじゃないの?」と思う人が多いのではないでしょうか。

しかし、ただメールを配信するだけでは、見込み顧客を集めることはできません。メールマーケティングを成功させるためには、コンテンツを興味深いものにしたり、配信するタイミングを考えたりと、多くの事を検討する必要があります。

メールマーケティングの目的は、単なる商品紹介ではありません。大切なことは、ユーザーに有意義な情報を届けることです。

「誰に、何を配信するのか」を明確にして、コンテンツを作成し配信することで、販促活動にとどまらない、見込み顧客と自社の関係を構築します。そうして信頼関係を作ることで自社ブランドの浸透を図る事、顧客を育成する事が、大きな目的なのです。

従来のメルマガとはどこが違うの?

メールマーケティングは、従来のメルマガとはどのように違うのでしょうか。

従来のメルマガ配信は、ユーザーに対して、一斉送信で同じ内容のメールを配信するものでした。企業にもよりますが、定期的に決められた曜日や時間に配信される事がほとんどです。

つまり、配信できるユーザーであれば相手に関係なく、画一的で一方的な内容を送りつけていることになります。

一方、メールマーケティングでは、このようなメルマガ配信を行いません。ユーザーの中でも性別や年齢、欲している情報、持っている課題などは人によって異なります。

そのため、ユーザーそれぞれの属性に合わせて、配信するメールの内容、タイミングなどを変えて、その会員に最も適した条件で送るのがメールマーケティングなのです。

メールマーケティングを成功させるポイント

誰に、いつ、何を送るのか計画を立てる

先述しているように、メールマーケティングでは、ユーザー属性に合わせたメール配信が重要です。

まずは自社の顧客となり得るのは、どのような企業(業種、規模等)で、どのような人物(役職、職種、年齢、持っている課題等)なのかというターゲット像(ペルソナ)を明確にします。

そして、どのような状態のターゲットに、どのようなアクションを起こして欲しいのか、メール配信時の目標を決めます。それを実現させるための配信のタイミング、メールのコンテンツを考え、実行します。

PDCAサイクルをまわす

一度立てた計画をそのまま繰り返し配信しているだけでは、成果の向上は見込めません。重要なのは、PDCAサイクルをまわすことです。

配信したメールの開封率、クリック率などのユーザーのアクションをチェックし、ターゲットのセグメント、配信時間、件名、コンテンツ等を改善していきましょう。

メール配信システムの導入がおすすめ

メールマーケティングに関わるスタッフの業務効率化を図るために、自社の体制に合ったメール配信システムの導入がおすすめです。

メールマーケティングに必要な機能である、顧客管理機能、メールコンテンツ作成機能、配信停止機能、レポーティング機能などを備えたシステムがあれば、PDCAサイクルもスムーズに実践できます。

また、ユーザーのアクションを元に、次のメールアプローチが自動的に行える、ステップメールの機能を活用しても良いでしょう。

「リストファインダー」を、メールマーケティングに活用しませんか?初めての方も安心して運用できるシンプル且つ充実したメール配信機能で、さらにメール配信後の、見込み顧客のWeb行動履歴が把握できます。
20日間無料トライアルのお申込みはこちらから

おわりに

メールマーケティングは単純に見えながらも、大きな成果を出すことのできる可能性を含んだマーケティング手法です。

低コストで実施できることも魅力の1つで、すぐ始めることのできる手軽さもあります。分析・改善がうまくいかず、成功するまでに期間を要する場合もありますが、[誰に」「いつ」「何を送るか」を改善しつづけ、成果を上げていきましょう

ページの先頭に戻る