メールマーケティングのメリットとは?

メールマーケティング

LinkedIn にシェア
Pocket

メールマーケティングのメリットとは?

メールマーケティングはEメールを使ったマーケティング手法です。
メールマーケティングは約40年前に誕生しましたが、SNSが普及した現在でも「メールマーケティングは顧客の購買意欲を育成し、リピーターを増やすための効果的な手法」だといわています。その理由はどこにあるのでしょうか。
ここではメールマーケティングのメリットについて解説します。

メールマーケティングとは

まず最初にメールマーケティングとは何か、改めて確認していきましょう。

メールマーケティングとは、Eメールを顧客に送って、売上につなげるためのマーケティング手法です。顧客の求めている情報を提供したり、顧客の購買意欲の変化に合わせた内容のメールを送ったりします。

メールマーケティングが普及する前は、営業担当者が顧客一人ひとりに会いに行ったり、電話をかけたりする活動が当たり前でした。しかし、いわば無選別の顧客に会いに行くことや、電話をかけて成果を出すことは、時間と労力を必要とし、効率のよい戦略とはいえません。また、顧客の中にはこのような営業行為を迷惑だと感じる場合も少なくないというのが問題点でした。

メールマーケティングは、メールを読むか読まないかは顧客の意思に委ねられます。顧客とマーケティング担当者、双方の負担を大幅に軽減することができるのです。

メールマーケティングの種類

メールマーケティングはいくつかの手法があり、大きく4つに分けることができます。メールマーケティングツールや、マーケティングオートメーションツールなどを使うことで作業や効果測定の効率化することができます。

1.ステップメール

ステップメールは顧客の行動に合わせて、その顧客に合った内容のメールコンテンツを送る手法です。
顧客の行動に合わせるとは、例えば「Aさんはメール内に添付してあるURLをクリックした」「Bさんはメールを開封すらしていない」などという情報を元にして決められます。

Aさんの場合、Bさんの場合共に、どのようなタイミングで次にどんなメールを送るのか、あらかじめストーリーを綿密に考えておく必要があります。

2.セグメントメール

年齢、性別、職業、地域、利用頻度など、顧客の属性によってメールで配信する情報やコンテンツを出し分ける手法です。一斉配信よりも、開封率やクリック率の増加が期待できます。

どのようなセグメントで分類し、どのような内容のメールを送るのがよいか、ペルソナ設定などをしっかりと行い、分析・仮説・検証を実施することが大切です。

3.メルマガ

メルマガはメールマガジンの略で、メルマガ登録をしている会員向けのコンテンツを定期的に配信する手法です。誰でも一度はメルマガを読んだことがあるのではないでしょうか。

新商品やサービス、期間限定セールの案内、会員限定クーポンの配布、読み物コンテンツなどがメルマガによって送られてきます。

開封しないままになるメルマガも多い中、あなたが開封して読むメルマガとはどんなタイトルでどんな内容だったのか、覚えておくと参考になるはずです。

4.休眠顧客発掘メール

休眠顧客とは、過去に資料請求や商談などがあったもののその後アクションがない顧客のことです。

休眠顧客の中にはすでに他社の製品を購入し、購入意思がない顧客もいます。しかし、過去に購買意欲があったものの検討期間が長く、その間に商品自体を忘れてしまっている場合も少なくありません。このような休眠顧客のフォローは、新規顧客から案件獲得を目指すよりも効果が出る場合があります。

具体的には、休眠理由の異なるターゲット像をいくつか設定し、脱落理由を解決したり、再び興味を持ってもらえるような内容を考えてみましょう。

例えばカートに商品を入れたが購入には至っていない(いわゆる「カゴ落ち」)顧客に対してメールで購入を促すリマインドメールや、割引の案内を送る施策が効果的です。

リストファインダー資料ダウンロード

メールマーケティング:4つのメリット

メールマーケティングには、大きく4つのメリットがあります。自社でメールマーケティングを行う際には、メリットと期待できる成果をしっかりと考えて、費用対効果・投資対効果を最大化させましょう。

費用対効果が大きい

配信の準備(セグメント分け、リスト選別、タイトルやメール本文の作成など)は必要ですが、SEOやWEB広告などに比べてもスピーディに実施しやすく、かける時間やコストに対して、得られるリターンが大きいのがメールマーケティングの大きなメリットです。

メール配信ツールなどの導入には費用がかかります。しかし、その費用も数千円くらいからと比較的安価なため、フリーランスや中小企業でも気軽に導入できるのが魅力の一つです。

顧客一人ひとりに合わせた対応が可能

一昔前までは管理している顧客が多い場合、一人ひとりの顧客に対してメールで個別に対応することは困難でした。しかし、メールマーケティングツールなどのCRMの普及に伴い、顧客一人ひとりに合わせた対応ができるようになりました。

一斉に送信されるメールよりも、顧客により興味関心度が高いコンテンツを届けることができるので、メールの開封率が上がるのです。
ツールを使用することで、顧客の行動により設定したシナリオに沿ってメールを送信するステップメールや、顧客のセグメントに分けて最適なコンテンツを自動で送信することができます。

効果測定がしやすい

メールマーケティングは、効果測定がしやすい手法です。
具体的には、メールの到達率、開封率、メール内に添付されたURLのクリック率、コンバージョン率などを測定することができます。

ほとんどのメール配信ツールではこれらの指標が計測できるので、確認し判断材料にすることができます。仮にツールがなかったとしても、開封率や到達率などの効果測定は、計算式やエクセルを使って自分で計算することが可能です。

PDCAが回しやすい

PDCAとはP(Plan)、D(Do)、C(Check)、A(Action)、の頭文字をとった業務やプロジェクトの改善方法のことです。
計画→行動→評価→改善という4つの段階を持つサイクルを、目標達成まで何度も繰り返していきます。

メールマーケティングでPDCAが回しやすい理由は2つあります。一つ目はメールという性質上、広告のようにコストがかかることがないので、会社に損失が出ないという点。もう一つは効果が数値として確認しやすいため、改善がしやすいという理由です。

メールマーケティングにはセオリーがある部分もありますが、未知数の部分も少なくありません。なにかよいアイディアが浮かんだら迷わずチャレンジしてみましょう。

メールマーケティングは最強の手法

メールマーケティングはWeb広告などと比べると安価で、営業にも、顧客にも負担が少なく、PDCAを回しやすいというメリットがある魅力的なマーケティング手法です。メールマーケティングは最強のマーケティング手法といってもよいのではないでしょうか。

メールマーケティングは最強の手法とはいえ、顧客にメールを開いて読んでもらえないと、商品のアピールや、顧客の心を動かすことができません。
自社でどんなによい商品を作っていたとしても顧客にその強みを伝えられなければ意味がないのと同様です。

メールマーケティングは失敗しても何度でもやり直すことができる手法です。試行錯誤を繰り返し、結果も顧客も満足のいくコンテンツづくりができたらよいですね。

「List Finder」を、メールマーケティングに活用しませんか?
初めての方も安心して運用できるシンプル且つ充実したメール配信機能で、さらにメール配信後の、見込み顧客のWeb行動履歴が把握できます。
20日間無料トライアルのお申込みはこちらから
LinkedIn にシェア
Pocket

ページの先頭に戻る