メールマーケティングはツールで効率的に行おう

メールマーケティング

LinkedIn にシェア
Pocket

メールマーケティングはツールで効率的に行おう

ネットをマーケティング活用している企業で、メールを活用していない企業はほとんどないといっていいでしょう。ですが、メールマーケティングの概念に立ち、メールマーケティングツールを導入している企業はどれくらいあるでしょうか?
古くから存在するメールによるマーケティングを、最新のメールマーケティングツールから読み解いてみましょう。

メールマーケティングとは

インターネットが生活の一部となっている現代、メールは依然として重要なマーケティングツールとなっています。しかし、ユーザーがインターネットに触れるのはスマホが大半を占めるにいたっており、それに伴いメールの位置づけもさらに重要になっています。
そのため、メールを用いたマーケティング、すなわちメールマーケティングは、ツールを駆使して行うのが一般的です。

メールマーケティングとメルマガの違い

メールマーケティングとメルマガの違いは、メール配信の対象およびタイミングにあります。
メルマガでは、見込み顧客全員に同じ内容のメールを一斉配信します。メールマーケティングでは、見込み顧客の状況を把握し、それに対応した内容のメールを個別のタイミングで送信します。

メールマーケティングの効果

誰もが肌身離さずスマホを持ち歩く近年、メールマーケティングの効果が高まりつつあります。パソコンの前に座っている時にしかアクセスできなかった過去と異なり、配信したタイミングで見込み顧客の目に触れることが想定されるからです。
そのため、配信タイミングが非常に重要になるため、配信にはメールマーケティングツールを導入することが多くなっています。

メールマーケティングに活用できるツール

先述したとおり、メールマーケティングとは見込み顧客の置かれている営業プロセスや自社製品への関心度に対応した内容のメールを適切なタイミングで配信することです。これを手動で行うのはコスト的にも難しいことから、メールマーケティング専用のツールを導入するのが一般的となっています。

具体的には、顧客情報を基に配信するメールの内容や配信タイミングをコントロールする機能を持っています。ただし、メールマーケティングツールも様々であり、簡易的にメールマーケティングを行うものから、マーケティングオートメーションツール(MA)と呼ばれる高機能なものまで様々です。

リストファインダー資料ダウンロード

メールマーケティングツールの機能

まず、基本機能としては、メール配信機能、分析機能があります。
メール配信機能には、独自ドメイン、名前差込機能、予約時刻配信、記念日メール、ターゲット配信など様々な機能を備えています。また、分析機能としては、メールが開封された時間帯や開封率、メール本文で紹介したURLのクリック率、さらに購入までに至ったコンバージョン率などを計測することができます。

さらに、メール配信機能については、より成果を出すための機能がついているものも多くあります。ここでは、主なものを3つご紹介します。

ターゲティングメール

ターゲティングメールは、セグメントメールとも呼ばれます。設定した条件で見込み顧客をグループ分け(セグメント)し、グループごとに適切なコンテンツのメールを配信します。メルマガのような全員に対する一斉配信よりも、メール配信の効果が期待できます。

ステップメール

ステップメールとは、ユーザー1人1人に対して、あらかじめ用意しておいたストーリー性のある複数のメールを自動配信する手法です。
例えば、自社商品の資料をダウンロードした見込み顧客に対して、商品に関するストーリー性を持たせたメールコンテンツを、何回かに分けて配信します。

動画メール

最近、動画マーケティングのチャネルとして、YoutubeやSNSだけでなく、メールの活用が増えています。特にアメリカでは、動画メールの活用が普及しています。
こうした動画メールは、マーケティングオートメーションと連携させることで、より効果的なメールマーケティングを展開することが可能になります。

メールマーケティングツールの評価ポイント

多くのメールマーケティングツールがリリースされているため、どれを採用するかの評価が必要となります。以下に、メールマーケティングツールの評価ポイントを示しました。

多様な配信設定が可能か

メールマーケティングの機能で挙げた、「ターゲティングメール」、「ステップメール」のようは多様な配信設定が設けられているかは重要な評価ポイントとなります。必ずしも、すべてのメールマーケティングツールに備わっている訳ではないですし、オプションとして追加コストが発生するものもあります。

メールの配信数上限

システムによって、メールの配信数に上限が設けられているものもあります。保有しているメールアドレス数から自社の配信数を計算し、配信数上限の範囲内のシステムを採用する必要があります。

クラウド型かオンプレミス型か

近年はインターネットの高速化を背景にクラウド型のツールが増えています。自社のサーバにセットアップするオンプレミス型のメールマーケティングツールも存在しますが、ハード・ソフトの投資が必要になります。メールマーケティングツールの導入を検討する場合、コスト的にもクラウド型の導入を検討すべきでしょう。

セキュリティ対策

クラウド型、オンプレミス型に関わらず、メールマーケティングツールのセキュリティ対策は重要です。犯罪者の侵入を許した場合、配信リストの流出につながりかねないだけに、セキュリティ対策は最も重要です。暗号化や二段階認証など、セキュリティ機能の有無も確認しておきましょう。

導入コスト

メールマーケティングツールは、非常に安価なものから、多機能ながら高価なものまで存在しています。自社の予算に見合ったものの中から採用する必要があります。

メールマーケティングツールの導入プロセス

メールマーケティングで効果を上げるために、導入プロセスにおいて押さえるべきポイントをまとめました。

評価指標の設定

ただメールを配信するだけではなく、メール配信の効果を評価し、次回のメール配信に活かすことが重要です。そのため、事前にメール配信の評価指標を設定しておくべきです。

具体的には、メール配信リストが見込み顧客へと届いているかを示す「到達率」、届いたメールが開封されていることを示す「開封率」、メールに記載しているリンクURLがクリックされているかを示す「クリック率」、リンクURLを辿ってきた見込み顧客がお問合せなどメール配信の目的を達したかを示す「コンバージョン(成約)率」などが一般的です。

メールマーケティングの評価指標について、下記の記事も参考にご覧ください。
「メルマガ配信は効果測定が重要!分析の際に確認すべきポイント」

配信リストの整備

メールマーケティングツールを導入しても、配信するメールアドレスがなければ効果を生むことはできません。社内に存在するメールアドレスリストを整理し、配信リストを整備する必要があります。

メールの作成と配信

メールマーケティングツールはあくまで配信するツールであり、媒体にあたります。その媒体にどのようなコンテンツを載せるかは別の問題です。さらに、見込み顧客にどのタイミングで配信するかのルール設定についても検討する必要があります。
見込み顧客のペルソナ設定やカスタマージャーニーマップを作成し、それに則ったコンテンツ作成と配信ルールの設計がメール配信の効果を高めます。

より高度なメールマーケティングには、マーケティングオートメーションツールがおすすめ

メールマーケティングツールの中でも、マーケティングオートメーションツール(MA)は、通常のメール配信機能に加え、メール受信者のサイトアクセス解析機能も備えており、より高度な分析が可能です。
例えば、メールの反応率だけではなく、サイト内のどのページをどれくらい見たのか、お問い合わせや資料請求などに至ったのか、といった分析ができるため、メールマーケティングの成果を高めることにつながります。
先に挙げた、「セグメントメール送信機能」をはじめ、個人や法人が自社サイトのどのページを閲覧したかを記録する「トラッキング機能(個人・法人)」、見込み顧客の購入意欲や受注確度を自動的に判定する「スコアリング機能」も備えています。

BtoBシェアNo.1マーケティングオートメーション「List Finder」を、メールマーケティングに活用しませんか?
初めての方も安心して運用できるシンプル且つ充実したメール配信機能で、さらにメール配信後の、見込み顧客のWeb行動履歴が把握できます。

メール配信機能について詳しくはこちら
20日間無料トライアルのお申込みはこちらから

LinkedIn にシェア
Pocket

ページの先頭に戻る