メルマガの開封率はどれくらいが平均?開封率を上げる方法も解説 | マーケティングオートメーション List Finder(リストファインダー)

メルマガの開封率はどれくらいが平均?開封率を上げる方法も解説

メールマーケティング

LinkedIn にシェア
Pocket

メルマガの開封率はどれくらいが平均?開封率を上げる方法も解説

メルマガの開封率は計測していますか?開封率はメルマガ配信やメールマーケティングの効果を確認する上で重要な指標です。

メルマガの開封率の平均や、開封率を上げる方法を解説します。メルマガの効果を向上させましょう。

メルマガ開封率の平均はどれくらい?

メルマガにおいて、開封率は重要な指標です。なぜなら、どれだけメールの配信数が多くても、開封率が低ければ「メールは読まれていない」ということになるからです。

メルマガによるマーケティングは、多くの企業が行っていますが、どの程度の開封率があれば及第点と言えるのでしょうか。開封率を求める計算式と、平均的な開封率について解説します。

メルマガ開封率を求める計算式

メルマガで開封率を求める式は、以下のようになります。

開封率 = 開封されたメール数 ÷(総配信数 – 届かなかったメール数) ×100

これを計算するには、例えばHTMLメールの中に計算用の画像データを含ませる方法があります。メールが開かれると、画像と通信が行われカウントされるという仕組みです。

このカウントが行われたメールを開封数としてカウントし、総配信数から届かなかった数を引いた値で割ることで、開封率が求められます。

開封率の平均は「20%」

メルマガの開封率の平均ですが、これは企業とユーザーとの関係性によって変わってきます。企業に興味を持つユーザーを対象とした場合はおよそ20%、あまり興味のない、関係性の希薄なユーザーを対象とする場合は5~10%程度と言われています。

また、パソコンよりもスマホの方が開封率が高いとも言われています。また、件名を短くすると開封率が上がる、クーポンの対象が広く、頻繁な場合は通常のクーポンよりも開封率が下がるといったさまざまな要因があるようです。

業種によっても変わってくるため、20%はあくまで参考値として捉えておきましょう。

メルマガ開封率にKPIを設計する

前述したとおり、メルマガの開封率については業種や配信するユーザーによって変わってくるため、一般的な平均値を自社マーケティングの基準とすることは難しいでしょう。

そこで、メルマガの開封率にKPIを設定し、達成率によって自社のメルマガが成功しているのかどうかを判断する手法が一般的です。

そもそもKPIとは?

KPIは「Key Performance Indicator」の略称であり、日本語では「重要業績評価指標」と訳されます。KGI(Key Goal Indicator、重要目標達成指標)とセットで使われることが多いです。KGIが最終目標であるのに対し、KPIは最終目標を達成するための中間点を評価するための指標となります。

例えば、KGIで「前年比売上110%」と掲げれば、KPIとは商談数や月毎の売上など、目標のプロセス上にある要素を指標とするものです。

メルマガの種類でKPIを設計する

メルマガマーケティングが成功しているかどうかを判断するのに、KPIは有効です。例えば、売上を5%伸ばすといったKGIを設定した場合、メルマガでは目標達成のための指標をKPIとして設定します。

その例としては、「開封率」「配信数」「クリック率」「メルマガからの流入率」などがあります。メルマガの種類や配信内容によって、適切なKPIを設定することで、メルマガの効果検証を行うことができるようになるでしょう。

メルマガ開封率を上げるコツとは?

メルマガの開封率がなかなか上がらない場合、どのような改善をすれば読まれるようになるのでしょうか。改善の施策についていくつか紹介します。

定期的に配信リストを改善する

届いていないメールアドレスに送り続けると、エラーや迷惑メール扱いされている率も高くなり、通常の送信先からも迷惑メールとして判断されてしまう可能性が高まります。

そのせいで、本来メールを読みたい読者にも届かなくなってしまうことがあるのです。取得したメールリストは、定期的に届いていないメールアドレスを削除する、整理するといった改善を行いましょう。

開封されやすい適切な曜日や時間に送る

極端な例を挙げれば、月曜の午前中にビジネスマンにメルマガを送信したとしても、開封率は下がってしまうでしょう。月曜の午前中は週末に届いたメールのチェックや仕事の整理に追われ、メルマガを読む暇がない可能性が高いためです。

読まれやすい時間帯としては、仕事のお昼休みの時間帯や、家に帰ってから寝る前の時間でしょう。専業主婦層であれば、午前中の家事や仕事が終わり、少し落ち着く午後2時前後の時間帯など、読まれやすい時間帯を工夫しましょう。

このように、ターゲットのライフスタイルに合わせて適切な曜日や時間に、メールを配信することが開封率を向上させるポイントとなります。

配信ルールを作る

メルマガを不定期に送るより、同じ曜日の同じ時間に送った方が開封率は上がる傾向にあります。

そうすることで、メルマガの読者は「今日はメルマガが届く」ということがわかり、メルマガを読むことが習慣化するためです。同じニュース番組を見たり、朝に新聞を読むのと同じことが言えます。

自社のメルマガを読むことを習慣化してもらうため、配信ルールを設定しましょう。

タイトル・件名を魅力あるものに

同じ内容のメールであっても、タイトル・件名によって開封率は大きく変わります。

メールを受け取った人の多くが、まず目にするのはメールのタイトル・件名です。件名から内容がわからない場合、メールに興味を持てずに開かなくなる可能性が高くなります。

長すぎる件名や、内容がわからない件名、怪しい件名などは避け、簡潔でわかりやすい件名を心がけましょう。

閲覧する端末を想定する

メールをパソコンで開くのか、それともスマホで開くのかを想定してメールを作成しましょう。

パソコンで作成したメールが、スマホで読むと画面サイズの違いから読みにくかったり、画像が必要以上に大きく表示されてしまったりということもありえます。

こうした問題を防ぐためにレスポンシブデザインに対応したツールを使うという方法もありますが、ちょっとした改行や空白でストレスを感じてしまう読者がいる可能性も否めません。

メールのメイン読者がどの端末を使っているのかを想定して、メールのデザインやレイアウトを設計しましょう。

メルマガを送る読者の心理を知っておく

企業側が有益な情報だと思って発信していても、それが必ずしも読者に好印象的に受け止められているとは限りません。メルマガを送る読者側の心理に立って、メルマガの配信を考えることも大切です。

読者が感じるメルマガに対するイメージは賛否両論

メルマガに対して「有益」と感じている読者もいれば、読まずにそのまま捨ててしまう読者もいます。メルマガに対して抱くイメージは、読者によって違いがあります。

有益な情報を掲載したとしても、読者にとってそれが本当に有益であったのかは不明瞭ですが、重要なのは読者との信頼関係でしょう。差出人次第で、メールの開封率が変わるというデータもあるようです。

また、「配信頻度が高すぎる」「思っていた内容と違う」といったメルマガに対しては不快感を感じる人も多く、内容や配信回数については適切に制御していく必要があります。

自社に最適な人に登録してもらい、開封率を上げていく

メルマガやメール配信を自社のコンテンツの一つとしている企業は多いでしょう。メルマガの開封率は、業種やユーザーとの関係性、配信時間帯などさまざまな要因によって変わってきます。読者のライフスタイルや欲しい情報を想定して、適切な配信頻度と内容のメールを配信することが重要です。

特に自社のファンになった読者は、メールの開封率が高くなる傾向にあります。自社との親和性の高い読者に登録してもらい、彼らに対しメールでよりファンになってもらうことで、開封率を上げていきましょう。

LinkedIn にシェア
Pocket

ページの先頭に戻る